できることなら  現役時代に  行って欲しかったなぁ〜 原発ゼロ議論!!


できることなら  現役時代に  行って欲しかったなぁ〜 原発ゼロ議論!!

 

元総理が

(小泉総理)原発ゼロ法案発表?!

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201801100000376.html

 

個人的にですが

大賛成です。

( ◠‿◠ )

 

できることなら

現役時代に

行って欲しかったなぁ〜

 

なぜ酸性化と言いますと

原発は現在

50数基のうち

停止している方が圧倒的に多く

 

そして

使用済みの核燃料の処理の問題

万が一の事故の時の事故処理の問題

 

結果的に

非常に割高な

電気代になるように僕は思っているからです。

 

そして

住宅業界は

2030年に向けて

ぜっち

ZEH、ネットゼロエネルギー住宅

住宅の消費エネルギーを抑えて

創エネで正味”ゼロ”にする住宅を日本は進めて行くことになっています。

 

ここでの創エネ

再生可能エネルギーは

太陽光発電が一番採用されて行くことになりますが

雪国新潟などは

搭載が難しい場合も多々あります。

そこで

僕は、原発ゼロ議論と並行して

住宅版の風力発電をもっと

議論、実用を進めて頂きたいと思います。

 

良いものが出れば

積極的にお客様にも進められますから。

いろんな人が関わる問題ですから

関わる人たちが

良い方向にいける結果が出ると良いと思います。

 

頑張って下さい。

元首相。

 

ぜっち

推進頑張って行きます!!

 

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

【SNS】

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

2018年1月からPinterestはこちらです!!

2018年1月からInstagramはこちらです!!

山六木材不動産事業部のtwitterはコチラです!!

【提携家具店】

東谷家具

ボー・デコール

 

読者登録してね

 

 

 

 

 

 

 


認定長期優良住宅で新築をお考えの方へ。失敗しないために、新築する土地を購入する前にすること!!


認定長期優良住宅で新築をお考えの方へ。失敗しないために、新築する土地を購入する前にすること!!

 

 

認定長期優良住宅で新築をお考えの方へ

※長期優良住宅とはhttps://www.hyoukakyoukai.or.jp/chouki/info.html

 

簡単に言いますと

しっかりと作って長持ちする住宅として行政からいい家だよと認定を受けると長持ちの家になり、優遇税制等も受けれる住宅になるということです!!

 

以下、長期と言います。

 

長期で家を建築しようとした場合

土地を購入するときに

いくつか注意が必要なのですが

見落としがちなところを

お伝えします。

(建築会社も不動産会社も)

 

その購入地が

都市計画施設

都市計画道路等に接していいたりすると

長期の認定が受けれません。

 

長期で建築計画をしていた場合

非常に残念な結果になります。

 

ここのルール

結構、見落としがちで

ご存知ない

不動産会社、建築会社も結構いられるのではと思います。

 

 

従いまして

土地を決める前に

計画した家が建つのか?!

一度

シュミレーションが必要です。

 

無料プラン作成していますので

お気軽にそうぞ!!

 

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

【SNS】

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

2018年1月からPinterestはこちらです!!

2018年1月からInstagramはこちらです!!

山六木材不動産事業部のtwitterはコチラです!!

【提携家具店】

東谷家具

ボー・デコール

 

読者登録してね

 

 

 

 

 


住宅で重要な、熱移動の3原則とは?!!


平成29年12月20日の
ブログはこちら

住宅で重要な、熱移動の3原則とは?!!

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

山六木材不動産事業部のtwitterはコチラです!!

人気ブログランキング!! 

提携家具ショップ 東谷

読者登録してね


第5位 日本の二酸化炭素排出量で一人当たりの排出量は。。。!!


第5位 日本の二酸化炭素排出量で一人当たりの排出量は。。。!!

 

1位が中国で

5位がなんと日本らしいです。

二酸化炭素排出量。。。

 

結構上位なんですね。

 

中国の人口は13億人でしたっけ確か

日本は1.3億人ほどですね。

一人当たりの排出量は

日本人の方が割合的に高くなります。

 

残念。

 

産業系の排出量軽減率は結構高いのですが

家庭はちょっと低い傾向に。

 

でもですね。

うちは

高効率な設備の提案と

断熱計算を2009年から徹底していますので

貢献率は高いはず

長期優良住宅は断熱等級4が義務付けられていますしね。

110棟以上造っていますし。。。

鼻息荒く、言いたいのです

これでも

これから先の未来では

弱くなってきます。

 

ベルス(BELS)これからは

これも頭に入れて

行かないと。

 

車の燃費は

必ず表示されているような時代です。

 

家の燃費は。。。まだ弱い。

 

家の燃費を知って

逆算で再生可能エネルギーを搭載して

エコ思考な家を手にして行かないと。。。

 

 

ご参考に

 

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!! 

人気ブログランキング!! 

提携家具ショップ 東谷


うちのサッシは4つ星のサッシ!!


うちのサッシは4つ星のサッシ!!

 

こんにちは井田です。

昨日は、今年初の秋刀魚をいただいたのです。

とても、美味しい秋刀魚でしたよ!!

秋の味覚ですね。

十代目吉藏https://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15012572/#index

 

そして

寒い冬になって行くのですが。

 

そんな冬、

家の断熱で重要なポイントの一つが

開口部の断熱性能です。

 

うちは

YKKapさんの

4つ星サッシを数年前から標準採用。

性能の高いサッシです。

(内側も外側も樹脂製)

 

涼しくて

暖かい家は

ヒートショックを起こさない為にも重要です。

 

健康住宅のポイントの1つとも思います!!

 

長岡市中島の雨楽な家

近日、見学開始の住宅も

もちろん4つ星。

綺麗に出来上がってきています。

 

見学会の詳細は

こちらから

http://yamaroku-moku.jp/news/event/ev1028

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!! 

人気ブログランキング!! 

提携家具ショップ 東谷


一生支払い続けないといけないモノそれは。。。!!


一生支払い続けないといけないモノそれは。。。!!

 

こんにちは井田です。

ブログのタイトルの答えは

光熱費です。

 

光熱費は

右肩上がり、そして、家にすみ続けるうちはずーと支払いが付いてきます!

 

そこで

ぜっち、ZEHという家づくりの方法が近年あります。

 

ZEH(ぜっち)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス=

(断熱性能アップ+省エネ性アップ)ー創エネ≦1年間の一次消費エネルギーがゼロ

という家です。

 

断熱性をアップし省エネ性の高い設備を導入して、太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入していく家

生涯の電気代を試算しながら

検討ですね!!

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!! 

人気ブログランキング!! 

提携家具ショップ 東谷

 

 


住宅性能を見えるか?!長期優良住宅という家の作り方でがっちり!!


住宅性能を見えるか?!長期優良住宅という家の作り方でがっちり!!

おはようございます。井田です。

住宅の性能って考えたことありますか?

「こんな木材でこんな構造金物を使っていますから丈夫ですよ」
「こんなサッシで、こんなガラスで、断熱材はこんな厚みですから涼しくて、暖かいですよ」
などと言われても、人それぞれ感じ方は異なりますよね。

住宅の性能は、断熱性や耐震性、バリアフリー性に劣化対策などなど
いろんなものがありますが
住宅の性能を等級という形で見える化することができます。
2017-07-20 10.53.24 copy
例えば構造計算することで耐震性を測れ
耐震等級がわかります。
※断熱等級の詳細http://www.flat35.com/business/standard/flat35s_taishin20.html

断熱性能も同じです。
2017-07-20 10.53.31
ただ、ここまでですと
安心が得られて、等級がわかるだけであまり恩恵がないんです。

肝心なことはここから先。

第三者機関で適合と認定をもらうことで
税制優遇やフラット35金利優遇、保険料が減額されたり、査定時の価格アップに繋がるようになります。

いろんな適合、認定の取り方はありますが
手っ取り早く、コスパもいいのが長期優良住宅という家づくりをすることだと思います。

長期優良住宅に認定されるには
耐震だけではなく断熱性も含めて数個の性能最低基準を満たすことになります。
税制優遇、金利優遇、保険料の減額等対象になりやすくなるんです。

単体で取るよりも効率的なんです。

「長期優良住宅にすると建築コストがべらぼうにアップしますよ」 「維持管理の義務化が課せられますよ」と否定的事を言われましたら、一度ご相談下さい。売り手側がなぜ否定的なことをいうのか、わかりやすくご説明いたしますので(^ ^)

一度、検討を。。。

うちが、長期優良住宅
100棟をお引き渡しした時のブログはこちらから
http://yamaroku-moku.jp/adviser_blog/2017/06/24/%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%AB100%E6%A3%9F%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%80%81%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%84%AA%E8%89%AF%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%AE%E5%AE%8C%E6%88%90%E5%BC%95%E6%B8%A1%E3%81%97%E4%BB%B6%E6%95%B0/

【お知らせ】 

山六木材HPはコチラです!! 

イベント・見学会情報はコチラです!! 

■以前のブログはこちら(worldpress) 

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ) 

アメブロはコチラです!! 

食べログはコチラです!! 

オフィシャルサイトはコチラです!! 

Facebookはコチラです!! 

新潟県1位のTwitterはコチラです!! 

人気ブログランキング!! 

提携家具ショップ 東谷


僕たちが考える健康住宅の定義とは?!


健康住宅の定義とは?!

こんにちは、木と塗り壁の家専門店の井田大輔36歳です。

僕たちは木と塗り壁と自然素材を使いながら健康な住宅を新築工事そしてリフォーム工事で提供させて頂きいます。

健康住宅その定義とは?!

3つあります。

1つ ヒートショック対策
2つ シックハウス対策
3つ カビ・ダニ対策

という事で具体的には住宅のサッシを始めとした開口部の性能を上げ、断熱材の性能をアップして温度差の低い住宅し、換気をしっかりとおこない結露対策も行います。また塗り壁等の透湿性の高い素材を使ってまいります。ちょっと特殊な加工でFFC免疫(http://www.immwood.jp/)加工という加工も行います。

この家の室内空気はともて旨い、美味しい空気の家になります。とくに免疫力の低い小さな子供たち、高齢な方にこの美味しい空気たくさん体に取り入れながら生活をして頂きと思います。

これか僕たちの考えり、健康住宅の定義、概略です。

詳しくはイベントなどでお気軽にスタッフにお尋ね下さい。
前回のブログはこちらから
http://yamaroku-moku.jp/adviser_blog/2016/08/03/%E5%86%8D%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%80%80%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%BE%A9%EF%BC%81%EF%BC%81/

【お知らせ】

山六木材HPはコチラです!!

イベント・見学会情報はコチラです!!

■以前のブログはこちら(worldpress)

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ)

アメブロはコチラです!!

楽天ブログはこちらから!!

食べログはコチラです!!

オフィシャルサイトはコチラです!!

Facebookはコチラです!!

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

人気ブログランキング!!

◯不動産投資百科事典 http://mitoooya-aff.com/lp/419/696188


構造計算だけしてあれば大丈夫?!!


おはようございます。井田です。

『住宅って構造計算してないんですか?』

『はいそうです。。。』

『( ゚д゚)・・・・』

耐震、構造計算書偽装などの問題が過去にあったので住宅は構想計算がされているはずと思っていられる方がいますが。住宅は構造計算が義務にはなっていないのが現状です。

※構造計算とは構造計算(こうぞうけいさん、: structural calculation あるいは structural analysis)とは、建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・荷重・地震荷重などに対して、構造物がどのように変形し、構造物にどのような応力が発生するのかを計算することである。また、構造物がそのような変形や応力に耐えられるのかを判定することも含まれる。構造物の安全性や使用性を確認するのが目的である。

ウィキペディアより

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%8B%E9%80%A0%E8%A8%88%E7%AE%97

 

なので、構造計算だけしている会社や構造計算だけお願いする方がいますが、僕にしてみたらちょっと物足りないです。

 

構造計算をすることで、構造に対する、安心、耐震に対する安心や耐震等級は目に見えてわかるようになりますが。ただそれだけ、なんです。

 

ここで、長期優良住宅という建築をすると構造計算はもちろん温熱計算やバリアフリー等級、劣化対策、維持管理計画などなどいろんな性能を見える化していきます。

 

そして、長期優良住宅ですよっていう認定を受けることで、地震保険料が割安になったり、固定資産税の減額措置の延長、取得税の減額などなど恩恵が大きくなります。

 

構造計算して耐震等級がわかり、構造計算書だけもらっても税制面等でメリットはありません。

 

なので長期優良住宅仕様で建築ししっかりと認定をもらうこと、ここが重要です。

前日、新潟市のお客様の認定番号をみましたらまだ100番台後半。いかに浸透していないかがわかります。建築会社の説明不足が原因か?!

いい物を作り長持ちさせて社会で循環利用される家、そんな家づくりのをオススして参りたいと思います!!

【お知らせ】

山六木材HPはコチラです!!

イベント・見学会情報はコチラです!!

■以前のブログはこちら(worldpress)

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ)

アメブロはコチラです!!

食べログはコチラです!!

オフィシャルサイトはコチラです!!

Facebookはコチラです!!

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

人気ブログランキング!!

 

◯不動産投資百科事典 http://mitoooya-aff.com/lp/419/696188


「聞かれなかったから説明しませんでした?!」買う側と売る側の立場の違い!!


「聞かれなかったから説明しませんでした?!」買う側と売る側の立場の違い!!

 

「聞かれなかったから説明しませんでした?!」

「聞かれたことありません!!」

買う側と売る側の立場の違いからこんな会話がいろんな業界で聞かれることがあります

立場の近いからくるものなのでしょう。。。

 

「聞かれなかったから説明しませんでした?!」

 

売る側、買う側の立場の違いからこんな会話がいろんな業界であると思います

 

買う側はマニアックに勉強されている方もいますが、多くの場合そのモノを買う、そのサービスを受けることが初めてという方のほう多いと思います。

 

だから

売る側は

買う立場の方から聞かれなかったから

説明しなていなのではなく。

 

買う方の情報聞き

その方にあった

最善の提案をすることがプロだと僕は思います。

 

お医者さんもそうだと思います。

患者さんから聞かれなかったから、○○しませんでしたでは、大変なことになると思います。

 

昨今の住宅業界も色々と難しくなってきております。

住宅ストック循環社会

住宅履歴の蓄積

瑕疵保険

耐震等級

ストック循環支援事業

長期優良住宅

低炭素住宅

すまい給付金

住宅ローン減税

維持管理計画

移転登記

抵当権設定登記

保存登記

免疫加工に健康住宅の定義

相続に贈与

表示登記に滅失登記

地目変更

農地法5条と3条

登録免許税の軽減措置

2020年問題

告知義務

変動金利と固定金利

元利均等返済と元金均等返済

開発行為と市街化調整区域と43条申請

地域型グリーン化事業

ZEH(ぜっち)

断熱等級

リバースモーゲージ

C値にUa値に

再生可能エネルギー

 

情報が爆発しています。( ゚д゚)

・何を聞けばいいのか?

・何から始めればいいのか?

・何があっているのか?

・何が正しいのか?

 

お客様の家づくり、住宅購入、リフォームは、まず、基準づくりが重要だと最近強く思います!!

 

買って満足、買って納得しなければ

次また、そのモノを買ったり、そのサービスを受けたいとは思わないはずですよね。

 

どんな業界でも

リピーターのお客様が重要だと思います。

 

しっかりとお話を伺って

最新情報を整理して

その方にあった最善の

ご提案ができるよう

日々勉強して行きたいと思います!!

 

 

2017-06-06 06.14.18

【お知らせ】

山六木材HPはコチラです!!

イベント・見学会情報はコチラです!!

■以前のブログはこちら(worldpress)

過去6年間の家づくりブログはコチラ(エキサイトブログ)

アメブロはコチラです!!

食べログはコチラです!!

オフィシャルサイトはコチラです!!

Facebookはコチラです!!

新潟県1位のTwitterはコチラです!!

人気ブログランキング!!

提携家具ショップ 東谷