難しい、新潟の家づくり

こんにちは、山六木材です!

新潟で暮らしているみなさんはご存知かと思います。私たちの住む新潟県は寒暖差が激しく高温多湿、雨や雪も多いし、日本海の塩害もある地域。おまけに日本の中間にあるので、寒さなのか、暑さを基準に家造りをして良いのか、判断に悩む地域なのです。そのため、新潟の家づくりは、ちょっとしたコツが必要です。

 

一番のポイントは、素材断熱性能です。

まずは、「湿気に強い素材を使わないといけない」ということ。

出来たら、無垢の床材、本物の塗り壁や、和紙などの壁紙など、湿度が調整できる、「調湿作用」のある素材で仕上げることが一番。湿気を通さないような、ビニールクロスや新建材のカラーフロアと呼ばれるものは、出来る限り少なめに使うことをお勧めします。

「でも、そんな材料は高くて自分達には無理・・」と、思っている方が大勢います。

今後、お伝えしていこうと思いますが、実際はそんなに高くないし、使えば「一生もの」、優れた素材です。

すべてを自然素材で統一する必要はありませんが、調湿効果に優れた自然素材を要所に用いることで新潟の気候に対応した快適な住まいを作ることができます。

 

次は、断熱材についてです。

よく「当社は、高気密・高断熱の快適な家です!」と宣伝している会社がありますが、本当でしょうか?確かに気密性を高めれば、あったかく感じます。でも、密閉すると、家が腐りそう・・って、思いませんか?高断熱って言っても、低断熱の家です・・なんて、言う住宅会社はありません。

では、何を基準に断熱性能を選べばいいのでしょうか?ここはとても重要です。これからは「エコ住宅」の時代。ここをきちんと説明できる住宅会社に頼んだ方が、将来後悔しない家造りになるとお思います。

例えば、最近高い断熱性能を持つことで話題のlow-eガラスは、暑さを防ぐものと、寒さを解消するものと、二種類あります。特に新潟の気候と、使い方を間違えると、せっかくの高価な断熱サッシを使っても、その効果を生かすことが出来ない場合もあります。

 

また、工法や材料だけでなく、その地域の気候もきちんと考慮したいものですよね。

 

家づくりを依頼する先は全国展開している大手メーカーや地場の工務店など様々ありますが、一言に「高性能」といってもその基準はビルダーによって大きく異なるもの。

 

他の地域に比べてちょっとだけ難しい新潟の家づくり…山六木材では、工法と、中越エリアの気候を考慮した家づくりを大切にしております。気になった方はお気軽にご相談くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です