営業マンで、住宅会社を選んではいけない!

こんにちは、山六木材です!

雑誌やインターネットで住まいの施工事例を見ると「営業の◯◯さんが信頼できる人だったのでお願いしました」といった内容をよく見かけます。「情報洪水・・」と呼ばれるように、調べれば何でもわかりますが、逆にありすぎて、どれが正しいのか混乱する。また、住宅会社を色々と回れば回るほど、もう何が何だか分からなくなる・・。最後は営業マンの人柄で決めてしまう・・。気持ちはわかります。とは言え、このような住宅会社選びは危険です。

 

それはなぜか。家づくりは営業・設計・現場など1軒の住まいに多くの人が携わっています。住宅会社は営業マンの人柄や知識だけではなく、家造りそのもの、総合力で評価したいところ。

 

特にその会社の家づくりの基準は重要です。「健康面・断熱・気密・構造・工法・メンテナンス」など、家の基準は実はお施主様が決めることではないと思います。それは住宅会社が決めること。自社が自信をもって決めた性能や工法を、素人のお客様に言われて、コロコロ変える住宅会社って、大丈夫でしょうか?

 

お施主様にとって耳が痛い話でも会社のポリシーに沿って、適切かつお施主様が納得する説明ができるかどうかという点は、住宅会社を見極めるためのポイントです。

 

また最近はFPなどの資金計画から入る家づくりもあります。もちろんお金も大事だけど、家そのものを失敗したらどうなりますか?また、今の日本の家のようにまた30年後に家を建て替えますか?。住宅ローンが終わって、また家造りを始めたいですか?

 

これから家を建てたいと考える方にとって最初のハードルは住宅会社選び。これから住宅会社を探すというは「ここの会社のポリシーや基準は何か?」ということを念頭におきながら情報収集を行ってみてはいかがでしょうか?

 

追伸:工務店や建築家と呼ばれるような人に家つくりを頼む場合の一番大切なポイントは、「トップの考え方」です。色んな考え方や理念があると思います。小さな会社はトップが全て。それをきちんとわかりやすく伝えようと努力していると思われる住宅会社は、あなたの選択基準に入れた方が良いかも。