「木」と「鉄」と「コンクリート」の家

こんにちは、山六木材です。

みなさんは「木」と「鉄」と「コンクリート」、どの家に住みたいですか?多くの方が「木」と答えるのではないかと思います。

でも、たとえ構造は木の家で出来ていても、壁や天井はビニールの壁紙(「ビニールクロス」と言われ、日本の家の95パーセント以上の内装材がこれで出来ていると言われます)。

床は、お手入れ簡単で傷もつきにくいけど、カラーフロアーと言われる、合板フロアで仕上げてしまうと、まるで密閉されたビニールケースの中で暮らして要るのと、あまり変わらないような気がします。因みに、躯体がコンクリートや鉄の家でも、内装材に木材を張れば、快適な木の空間と同じ効果があると言われています。

日本は世界で一番のビニールクロスの消費大国です。安価で、加工も補修もしやすいし、デザインも豊富。最近では印刷技術も上がり、見た目、ビニールで出来ているとはとても思われないような壁紙もあります。

でも、ビニールクロスは接着剤だけでなく、材料そのものにも問題を多く抱えています。そもそも、人の体をビニールでくるんでは、とても気持ちの良い空間にはなりませんよね。

 

私たちがコンセプトとしている「木と塗り壁の家」。そう話すと、大体の方は「予算がない。高くて自分達には無理」。「子供がいるのでお手入れが大変」。「種類が少ない」・・など、仰います。

 

実はそんなことないんです。そんなに高いわけではないし、そもそも一度仕上げれば「一生もの」だと思います。結果的には安くなるし、身体にも家にも優しい。ただし、メインの素材は安全や効果をきちんと説明できる物を使ってください。今後お話し致しますが、「自然素材=安全」とも言えないからです。

 

せっかく木の家を作っているのに、ビニールクロスを多用し、湿気やカビが発生しないように、また空気が汚れやすいので、24時間換気に頼る・・・。それでは、アパートの暮らしの」延長のような気がします。

ビニールクロス=悪い、とは言いませんが、コストやメンテナンスが心配で自然素材はちょっと・・・とお考えなら、ぜひご相談ください。きっと、「目から鱗(古いですね)」のお話をさせて頂きます。

 

子育て世代のご家族に、「無理のない予算で自然素材の住まいを作る」、それが山六木材の「木と塗り壁の家」です。