山六木材のスタッフ紹介。まずは代表小林誠

あけましておめでとうございます、山六木材です!

家づくりは一生に一度の大きなお買い物。だからこそ会社選びは慎重に。技術だけでなく作り手の人となりまで、知っておきたいところですよね。ということで本日お送りするのは山六木材のスタッフ紹介。第一回目は山六木材代表の小林 誠をご紹介します!

 

Q.山六木材の代表に就任するまでの経緯は?

二代目です。私は小さい頃から父の仕事ぶりを見て育ちました。植林から始まり、製材、建築・・・と、とても大変な商売だと思いました。その為この商売を継ぐことは絶対やめようと思っていました。

 

一度は公務員として横浜で5年ほど働きました。しかし、商売人の子は商売人なんでしょうね(笑)。

安定はするけど、先の見える生活に少し飽きてきました。次第に地元に帰ってチャレンジしたい!という想いが芽生えたため、山六木材に入社し現在に至ります。

 

Q.公務員から住宅業界に転職したことでの苦労はありましたか?

毎日大変でしたね。そもそも公務員から転職してきた人間が、すぐに住宅会社を継いで上手く経営なんてできるわけがないです(笑)。しかし、当時は、こんな私を地域の方や職人さんが支えてくれて。そのおかげで今があるようなものです。

 

転職した当初は木の伐採から製材、現場の仕事まで。それぞれの職人さんに家づくりを0から教えてもらいました。その他にも建築の資格を取ったり経営を勉強したりと大変でした。今でも建築用語で苦労したことを覚えています。「尺だとか寸だとか・・(笑)」だから、お客様には出来る限り専門用語で話をしないようにしています。

 

Q.山六木材とはどんな住宅会社ですか?

今、荒れ果てている森や林がたくさんあります。その昔私たちを支えてくれたのはその木と、木に携わる職人さんたち。だからこそ地域への恩返しとしたいと考えています。その為、満足できる家をつくることはもちろん、もう一度職人さんが輝く家づくりをしていくことですね。また、この荒れた山が、当時夢見ていたように、「財産」になったら嬉しいですよね。

 

そんな想いから生まれたのが、「木と塗り壁の家」という家なんです。

 

Q.今後の山六木材について教えてください

会社をただ大きくするという、拡大志向はありません。でも、住宅で地域を活性化していくためには、より多くのお客様から支持され、ある程度の棟数をこなさなくてはなりません。そのため、今後はより多くのお客様の家づくりに貢献したいと考えています。また、既存のお客様のアフターサポートも兼ねてリフォーム事業にも力を入れていきたいですね。

 

以上、山六木材 代表 小林 誠のスタッフ紹介をお送りいたしました♪このような感じで今後は山六木材のスタッフ一人ひとりを紹介していきたいと思います!