もしかして割高?平屋のコストを抑える2つの方法とは

こんにちは、山六木材です。

普通の二階建ての住まいが36坪で2000万(坪単価55万)だとしたら、平屋は25坪で1600万(坪単価64万)ほど。総額は平屋の方が安くなりますが、坪単価でいえば少々割高になってしまいます。

 

しかし、いざ家を建てるとなれば少しでも節約して無駄なコストは省き、なるべくコストを抑えたいと考えるもの。そこで本日は平屋のコストを抑える2つの方法についてお話します。

 

1、廊下を排除した真四角で田の字型の間取りにする

田の字型のシンプルな間取りにすることで使用する部材が減るため、コストを抑えることができます。また田の字型の間取りは移動がスムーズになるため生活しやすい住まいに仕上がります。

 

2、デザインにこだわりすぎない

余計なデザインを省くことでコストを抑えることができます。田の字型の間取りにシンプルなデザインだと、DIYを楽しみながら住まいを育てることができます。

 

ちなみに平屋は光熱費などのランニングコストも低く、人気があるため資産価値が高いというのも良いところ。将来的なコストを考えれば平屋はかなりお得です。「家を建てるなら平屋が良い!」とお考えの方は、ぜひ山六木材へお気軽にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です