「わが家」を手に入れるための3つの方法② | リノベ塾 vol.2

こんにちは。山六木材です。
先月から家を手に入れるための新しい選択肢であるリノベーションについてご紹介している『リノベ塾』。今回は中古住宅をリノベーションするときのポイントをご紹介します。

中古住宅を選ぶポイント
間取りや構造、立地環境など、自分のライフスタイルにあった物件を選びましょう。そしてできるだけ築年数の古い建物を選んだほうが安く手に入ることができ、リノベーションに予算を回せます。 とくに基礎、土台、柱、梁、壁(耐力壁)などの「構造」については、リノベーションでも思い通りに変えることができない要素なので、これは要重点項目です!ちなみに、日本の住宅の多くは築26年が経つと建物の資産価値を0円とすることが多く、日本の住宅寿命は約27年と言われています。しかし、築27年経過したすべての物件で構造がダメになっているという訳ではありません。

中古住宅チェック項目
築27年以上経過した建物が果たして良い物件なのか、あまり良くない物件なのか。それを見極める際のチェックポイントは以下の6つです。

▼蟻害 & 腐朽チェック
▼雨漏りチェック
▼水漏れチェック
▼傾斜チェック
▼構造チェック
▼断熱チェック

リノベーションに向かないNG住宅
もし土台や基礎、雨漏りなど大掛かりな修復な必要だとしたら、いくら安い価格で販売されていたとしても買うべきではありません。また沈下の修復が必要な場合もNGです。

  

山六木材では、これまで家づくりで培った経験と住宅検査員(住宅インスペクタ―)の有資格者が5名います。リノベーションにふさわしい状態であるかをしっかり見極めます。自分だけでは不安、一緒に物件を見て欲しい。相談に乗って欲しい、と言う方、ぜひお気軽にご相談ください。

↓中古住宅に新たな価値と暮らしを生む「70年代不動産」についてはこちら
http://www.70fudosan.jp