築20年の別荘がハワイアン風に大変身!~70年代不動産(リノベーション)の施工事例~

こんにちは!山六木材です。
今日は、中古住宅の雰囲気・素材をそのまま生かして自分スタイルにリノベーションする山六木材の「70年代不動産」の施工事例をご紹介します。
★こちらのお宅はモデルハウスとして展示しております。
見学をご希望の方はお気軽にお問合せください♪

■築20年、空き家状態だった高額な別荘。パッと見はボロボロ…。
約20年前に、山六木材が建築させて頂いたこちらのお宅。
良質な素材を使って作り、当時としてもかなり高額な別荘でしたが、しばらく空き家のような状態だったことから老朽化が進み、解体も考えているとのこと。
2階部分の夕日が見える広々としたデッキや玄関に行くまでの無垢材でできた通路は朽ちてボロボロになっていました…。

ただし、内部の床材や壁の無垢材の羽目板などはまだまだ何十年も使える状態。
高床式の基礎や構造材も2度の地震に合ったにもかかわらず、全く損傷がありませんでした。
一見痛みは激しそうでしたが、シロアリなどの被害もないため、プロから見ても十分再生させる価値のある建物だと感じました。

■テーマはハワイアンな暮らしが楽しめる家
―外観はハワイの溶岩とハイビスカスをモチーフにしたデザイン。
―日本海の夕日が楽しめる「ジャグジー付き露天風呂」。
―外では自由にBBQやキャンプが楽しめる!
そんなワクワク楽しめる家に大変身しました!

■別荘の良さをそのまま生かして「ワクワクできる家」に!
部屋の中央にたつ、大きな丸太の大黒柱は存在感抜群!
損傷もなかったため、この丸太を活かしてちょっとした「冒険スペース」を作りました!
クライミングホールドを取り付け「ボルダリング」仕様に。
さらに丸太を登っていくと、天井のハンモックに到着するという設計・デザインを施し、ドキドキ感の味わえるスペースに変身させました。

元の別荘の雰囲気と良質な素材をいかしつつ、もっとワクワクできる空間にプランニング。
一時は解体まで考えていましたが、お家にいることが快適で楽しい!そんな風に思えるリノベーションモデルとして蘇りました!

「中古リノベーションって本当に大丈夫なの?」
「どうやって作ったらいいの?」
そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ山六木材までご相談ください!