2020.10.16
情報
検査
仕事

10回検査~RF編~

工務 佐藤

佐藤です。


今回は10回検査の4回目「RF検査」です。
実際には「RF構造体検査」という名目の検査になります。

まず「RF(ルーフィング)」ってなに?と思われている方へざっくり説明です。
ルーフィング(ルーフィングシート)とは、屋根材の下に敷く防水シートのことです。
業者さんによっては屋根下葺き材とも呼ばれています。

ルーフィングの役割は防水ですが、正しくは屋根材の雨仕舞で防ぎきれず、
屋根材の下に侵入を許してしまった水を「屋根内(屋根裏)に入れず外に流すこと」です。
あくまでも屋根材の機能とセットでの防水効果になります。


屋根材の下に隠れてしまうので、新築や葺き替えの時でないと、ルーフィングを目にする機会はほとんどないと思います。

隠れてしまうからこそ、劣化や破れになかなか気づきにくく、このルーフィングをしっかりと施工しないと、雨漏りや野地板の腐食の危険性がとても高まってしまいます。
しっかりとチェックできるのは屋根を作る新築の時か、屋根の葺き替えの時だけです。