一日で、9000人来場!「世界えだまめ早食い選手権」参加しました!


委員会の方とご縁があり、

「第二回、世界えだまめ早食い選手権」に参加させて頂きました。

 

と言っても、僕たちは企業ブースへの出店としての参加。

DSC_0070

7月16日、アオーレで開催されたのですが、昨年の3500人をはるか

に上回る、一日で、9000人を超える来場があったとのことでした。

アオーレ史上、最高の来場者数だったそうです。

参加した当社スタッフの話によると、私達のブースも、10時から

終了までの午後5時半までの間、参加者の行列が

延々と続いていたとの事でした。

正直、終了後はもうフラフラ状態。

でもかなり楽しんでもらったようなので、イベントは大成功です。

 

DSC_3521

一体何をやっているのかというと、お子様たちにお家の模型を作っ

て楽しんでもらうイベントを、年3~4回くらい行っています。

 

この模型つくりは、色んな絵やカラフルなテープを張った

り・・・、小さなお子様でも30分くらいで完成できるので、

すごく人気があります。

 

では、なんでこんなイベントを開催しているかというと、

これがご縁で、家造りをお手伝いできればと考えています。

今はデジタルの時代、SNS等、インターネット主体の広告の方が

とても効果があるのは知っています。

実際当社でも実践しています。

でも、地元の会社はやっぱり、アナログを大切にしたい(デジタル

が苦手もありますが・・)。

実際に顔を見て話す、対面活動が重要だと思います。

家は生涯で一番高い買い物。

 

デザインや性能、価格はもちろん大切ですが、誰に頼むか?は、

その中でも一番重要です。

結局は家造り成功のポイントは、人と会社。「信頼」から

始まるものだと思っています。

 

資金計画やデザインはとても気に入っていても、

家で失敗したら、元も子もありません。

実は、住宅会社を選ぶことが、

家造りの中でも一番難しい決断です。

それを少しでも楽に、簡単に選んで頂きやすいように、

「自社を見える化」することが重要だと思っています。

大手住宅メーカーや、大手ローコストビルダーは、

ブランド性や価格が明確なので、わかりやすい。

 

問題は僕たちのような地元の小さな会社。

・ブランドや、安さ優先ではなく、中身や質を重視したい。

・小さくても、無名でもいいので、そんな会社に頼みたい・・

と、考えているお客様が、増えてきています。

 

せっかくそう言って頂けるなら、家造り初めての方でも、

ストレスなく、すぐに選択しやすいように、

「得意なこと、不得意なこと、どんな会社なのか?」を

ユーザー側に、もっともっと、わかりやすく

お伝えするべきだと思います。

 

例えば、

・性能や、デザイン、自然素材が得意なのか?

・職人の技術やアフターや点検が自慢なのか?

・どんな商品があるのか?

・それは「全部でいくらかかるのか?」。

・それとも資金計画や土地探しまでもワンストップに

できるノウハウがあるのか・・・。

限りなく自社をオープンにすることが、顧客サービスの向上に

なり、工務店業界の活性化につながっていくと思います。

 

そんな訳で、今後とも、このようなイベントに参加していき、

自社をどんどんアピールしていきたいと思います。

 

どこかで、20畳程度のスペースで、

やたらお家などのPOPが出ていて、

ちょっと行列が出来ている、

変なイベントを開催している住宅会社があったら、

多分、僕達です。

その時は、無視しないでちょっとだけ寄り道していきませんか?

 

 

 

追伸:

「山六木材の事が少し気になっている。」

そんな風に思って頂いている、とてもお優しいあなた様へ。

 

当社をよりわかりやすく、見える化する

代表:小林誠主催の「ワークショップ」を開催中!!

 

所詮、地元の工務店はトップが全てと思います。

その為、当社代表の私を一度試してみてください。

気に入らなかったら、

その場ですっぱりと切り捨ててください(笑)。

住宅会社選びの候補が一つ減り、

あなたの家造りの時間が短縮されます。

もちろん、この中で聞いた知識は、次の候補を選択、

決断する時に、大いに役立つことは間違いありません。

時間は約1時間。宜しければ、ご参加してみませんか?

 

「ねぇパパ。一度、聞いて見ない」

「面倒くさいけど・・まぁ行ってみるか・・」

 

そんな会話が成立したご夫婦の方。

 

また、旦那さんや奥様には内緒なんだけど、

一人でも聞いて見たいという方・・。

 

メール、電話にてご連絡ください。

内緒で参加された方、秘密は厳守します(笑)

もちろん、売り込み一切なしです。

 


希望の土地が見つかりません・・。


 

「希望の土地が見つかりません・・・ もう1年は探しています・・・。

皆さんは直ぐに見つかりましたか?」

 

このような土地の相談はインターネットを探せば沢山出てきます。

 

業者の立場からお話しさせて頂きますと・・

土地見付けられない症候群=土地探し難民に、陥りかけています。

 

そうなのです。 ほとんどの方が色んな条件と理想が邪魔をして、

チャンスは何度もあるけど、結局は見つからなく成る・・

というより、決断できないのです。

 

例えば、1年間という期間で、良い土地が出ないというのは、

そもそもそんな条件に合う土地はないのかもしれません。

価格、条件など何かを妥協しなければ決められないかも知れません。

 

大手の調査会社によると、

平均の土地選び期間は1年4か月だそうです。

 

えっ!と思う方もいらっしゃるとは思いますが、

土地選びって、それだけ難しくて、ストレスのかかるものなのです。

 

土地選びは確かに重要なこととは言え、

どうしてこんなにかかるのでしょうか?

 

・土地選びの基準(購入基準)と建築スケジュールを明確にしていない

・購入準備が出来てない(漠然と探している)→良い物件が出ても躊躇してしまう。

・多くの物件を見ていないので、他に、もっと良い物が出るのではと思ってしまう

土地選びに時間がかかる原因はこんな理由があると思います。

確かに、その気持ちはわかります。

生涯便利で、快適に暮らしたい。

大きな買い物だから、絶対に失敗は出来ない・・。

当然ですよね。

 

でも、ストレスなく、すぐに土地を決定できる方もいます。

 

正しい選択基準と探し方を知っていれば、1か月で土地

を選ぶことが可能だとしたらどうでしょう?

 

その方法の一つががこの土地選び4か条を実践することです。

 

1、土地を探す前に、条件をしっかり決める

満点の土地はない→60~70点を目指し、残りは住宅でカバーする

 

2、出来るだけ多くの物件を見て、比較すること

相場を知り、比較判断基準を持つ。

 

3、その土地に理想の家が建てられるのか?

サポートしてくれる人と一緒に探す

 

4、良いと思った土地は、他の人も好いと思う

→迷わず購入できる準備が出来ている

 

※特に2番は重要です。

「もっと良い土地があるのでは・・・」、「相場的に高いのでは・・損するのでは」

そんな不安な気持ちにならないために、より多くの物件を見て、比較判断することは重要です。

 

さぁ、これでOK・・・と言いたいところでが、

「そんなに簡単にいけば苦労しないよ・・」

そうおっしゃる気持ちは重々わかります。

ほとんどの方がそうだということもわかります。

 

・でも、探し疲れて、最後は結局業者に煽られて契約する。

・妥協してしまい、なんとなく不満の残る楽しくない家造りになる。

・最悪、家造りをあきらめてしまう・・・

そうならない為にも、

是非、この土地選び4か条を実践してください。

 

宜しければいつでもサポート致します。


この小説・・おすすめ!


お盆の休み中に、

久しぶりに小説を読んでみました!

DSC_0041

文庫本って字が小さいので、読むのに結構苦労します(笑)

でも、こんなに集中して本を読んだ事は久しぶり。

活字のなかで、わくわく、どきどき

させる力って、やっぱり凄いですよね。

 

さすがに一流の作家さんですね。

この本、おすすめです。

 

たまには小説や映画で脳を

リフレッシュすることが必要です。

 

 


トラウマ・・ニワトリ嫌いになった訳!


小林です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

 

わたし、小さい頃に、ニワトリに襲われたことがあるんです。

それから、「鳥嫌い」がずっと続いているんですよね。

 

すずめから、ダチョウまで、全部ダメなんです。

克服しようと、文鳥なんか飼ったりしたけど、全然治りませんでした。

 

嫌いになった理由は、今でもはっきりと覚えています。

 

多分6~7歳ころだったと思うんです。

母親の実家でニワトリが何羽も放し飼いされていたんですね。

(当時は普通の光景でした。)

 

その中で遊んでいたら、いきなり、ボスみたいな

大きなニワトリが一羽、わたしを襲ってきたんです。

 

必死で家の中に逃げましたよ。

 

今でもその光景ハッキリと覚えています。

それから、鳥がダメで・・・。

 

トラウマになってしまったんですね。

 

でも、そのニワトリ、次の日に絞められて、

食べられちゃったんです。

 

多分、僕も食べたと思うんです。

 

だから,鳥本体(笑)は嫌いでも、

からあげや、焼き鳥、手羽系、親子丼・・・

なんでも美味しくいただけるんでしょうね?

 

さて、

そんな話はどうでもいいんですが、

トラウマって怖いですよね。

 

家づくりでもおんなじ事が起こっています。

モデルハウスや、見学会に参加したり、資料請求でもしたもんなら、

しつこい電話や、訪問攻め・・・・。

 

もう怖くて、見学会なんて行けない。

簡単に資料請求なんてできない・・・。

 

それがトラウマで、せっかくの家作りの勉強する機会を逃して

しまい、いつまでもマイホームが持てないひともいます。

 

見学会なんかも警戒心バリバリで行くので、

営業マンとのコミュニケーションもとれす、

ギスギスして、大事なことも聞けない。

 

行ってもなんか楽しくないし・・・怖い。

 

気持ちわかります。

 

何度も何度もアンケートに同じことを書いたり、

しつこい質問攻めにあったり・・・

 

しょうがないかもしれないけど、疲れますよね。

 

見学会参加がトラウマになっている人って

結構いらっしゃると思うんですよね。

僕みたいに、なかなか克服できない人もいますよね。

 

でも、トラウマってなかなか治らないのはわかっていますが、

それを解消できるようなイベントを開催しています。

 

気軽に来場でき、楽しく体感でき、必要な情報だけ

持ち帰ることができます。

 

まずは、気軽に体感して頂き、

その後、お家や、会社に興味が湧いたり、

情報が欲しいなぁ~って、思った方だけ、

アンケートや質問にお答えして下さればOKです。

 

誰にも邪魔されず、売り込まれずに、ゆっくり、体感できます。

 

予約見学会がほとんどですが、参加してみて

建物や、接客が、少しでも気に入らなかったら、

私たちをズバッと(笑)切り捨ててください。

 

その後のご案内は、あなた様から希望されない限り、

一切いたしません。

 

だから、家づくりはまだまだ先だけど、

ご主人にはまだ黙って見学したい・・

なんとなく山六の家を見てみたい・・・

そんな方にもぴったりです。。

 

秘密は守ります・・・(笑)

 

最近は、相手が困るようなしつこい営業をする会社は

少なくなってきています。

とは言え、

一生に一度の買い物のための勉強。

安心して、楽しく学びたいですよね。

 


モデルハウス「雨楽な家」長岡市初登場!!


長岡初登場!

7月8日、9日・長岡市稲穂南一丁目(パークタウン稲穂)に、

新・百年住宅、古くて新しい和の暮らし「雨(う)楽(らく)な家」、

モデルハウスがオープンいたします!

 

ご存知ですか?

今、和の家が子育て世代に選ばれている理由を・・

 

「ニッポンの家はどこに建っていますか?」

日本中の街に、国籍不明の家が並んでいます。

これが日本の家だよ、と人に誇れる家はどこにあるのでしょうか?

工業化か手仕事か?人の住む家くらいは職人の手仕事でしたい。

誰もが願うところだと思います。

 

とは言え、そんな家は高すぎて普通の人には、手が届かない・・・?

 

 

若い人に手の届く価格で、本物の家を建てるのが「雨楽な家」の理念。

一番住んで欲しいと思う方は、「子育て世代のご家族」です。

 

いくら職人の手仕事の家でも、健康に暮らせる家だとしても、

コストが上がりすぎて、「見せるだけの家」では意味がありません。

 

木組みや質の高い自然素材、そして性能にこだわった上での、

無駄な装飾を削ぎ落とした「引き算の美学」。

 

「小さく作って広く住む」。

 

心地よい統一感のある、シンプルデザインは美しいだけでなく、

省コストにも貢献しています

 

家づくりをお考えの若い方へ、私たちからのご提案です。

 

「和風住宅」と言うと、寒い、暗い、カビや湿気がひどい。

無駄な部屋が多く、使いにくい・・

 

そんなイメージをお持ちだと思います。

 

では、

 

「古民家」を想像してください。

 

夏涼しく、冬暖かい茅葺きの屋根。土間があり、囲炉裏があり、

田の字のシンプルなプラン。

 

冬は、家族が囲炉裏の周りに集まり、夏は心地よい風が通る家。

それが私たちにとっての本当の和の家です。

 

古民家のコンセプトと、現代の技術を組み合わせ、

木組みや柱などの構造を表す「真壁」作りにしながら、

夏涼しく、冬暖かく、強くて長持ちする家を目指しました。

 

最高等級の暖かい家を目指し、ZEH基準を楽々クリア、

地震にも強い「オリジナル高耐震・高断熱パネル」で床・壁・屋根を施工。

 

上質な意匠を大切にしながらも、古い価値観にとらわれないこと。

それが「雨楽な家」。住まいの新しいスタンダードです。

 

家中無垢の床と、

そして壁も天井も全部「木と塗り壁」で仕上げました。

どの季節でも素足で気持ちよく暮らせます。

是非、一度素足でご体感ください。

 

健康で暮せる家は空気が澄んでます!

 

この空気のおいしさと、ヒノキの香りを楽しんでください。

いえに中でも森林浴・・。

 

スタッフ一同、あなたにお会いできることを

楽しみにしています。

 

追伸1:

実はこのモデルハウスも良いけど、

それより(スミマセン・・)、

珍しい3つの素材が体感できます。

 

特に今の時期、カビに困っている方必見です!

 

「いろんなカビ取り剤を試しているけど・・」

「効果がすぐなくなる・・」

「カビを取っても、また出てくる・・もううんざり!」

「青い方が良いか、赤い方が良いのか‥もうわからない!」

そんな方にお勧め・・必見です。

 

 

 

木と自然素材を知り尽くした木材店お勧めの

「健康素材物語」をご紹介します。

 

 

一つ目は

与那国島化石サンゴ主材の塗り壁:「輝(きらら)」

(15年以上愛されてきた、ケルザイム主剤の健康塗り壁から、

輸入事情により、今回、純国産塗り壁材にリニューアルしました)

 

一生触れる物だから・・作り手の顔がわかり、

安全性や、効果の検証された素材を使いたいですよね。

 

製造者はいつも通り、静岡の夢ファクトリー(柴田憲代表)。

静岡大学名誉教授・吉田先生の指導のもと、主材も製造も全て国内産へ。

純日本製の安全・安心な塗り壁材を開発。

 

主材「与那国島産化石サンゴ」。カルシウムを含め、

70余種類ものミネラルが含まれています。

世界でも与那国島産以外では確認されていない希少な化石です

(※地上の化石サンゴなので、海洋汚染の心配は一切ありません)。

 

そんな貴重な化石サンゴを主材料にした

塗り壁材をたっぷりと使用してます。

 

2つ目は「FFC免疫加工フロア」使用。

 

335km離れた千葉市で加工された、

「FFC免疫加工した無垢フロア」を使用しています。

 

床材を84時間かけて、工場の釜の中で浸透加工します。

 

※免疫加工効果が実証される加工時間は、

福岡大学によるとクロスで60時間、金属で84時間です。

無垢フロアですが、金属と同じく84時間、釜の中で浸透させます。

 

なぜ、そこまでしてFFC加工するの?

 

床材は住宅の中で一番人が触れる部分。

僅かな手間とコストで、素足が気持ちいい家、そして

赤ちゃんが安心してハイハイできる床材で暮らせるからです。

 

※詳しく知りたい方は、パンフレットや本を、

モデルハウスにてご用意しています。

 

最後に、

プロが認める「除菌・抗菌・消臭」スプレーを、

ご紹介いたします。

 

☆環境に負荷を与えない、

☆生態系を壊さない、

☆微生物と人間の棲み分けを行う、

☆理想的な「防カビ・抗菌・防藻剤」

 

比べてください、この違い・・。

 

その1:消臭効果

人が不快と感じる主な臭いに優れた消臭効果。

そして、その効果が長時間持続します。

 

その2:防菌・防カビ

一般の建物から最も多く検出される57種類の菌を含む、

401種以上の菌に対応。噴霧後、その効果が長時間持続

 

その3:安全性

多くの安全性確認を「日本食品分析センター」など、

第三者機関で実施

 

その4:無香料

香料で、嫌なにおいをごまかすことなく、消臭します。

 

なんか、通販番組みたいになってきましたが(笑)、

かなりの優れモノです。

 

こんなかたへ。

 

・押し入れや、物置、自動車内のカビや嫌な臭い

・トイレの臭い

・夏場に群れるサンダルや靴の中へ

・部屋干し、ペットの臭い(ペットに安全)

・嫌なにおいや、カビで困っている。

・安全性には特にこだわっている。

・「シュッ、シュッ」って、毎日除菌しているけど、

直ぐに効果が無くなる・・・。もっと効果が

長持ちする物ないかなぁ‥ってお思いの方!

 

見学会でご案内しています。

ご自分の目と体で確かめてください。

 

追伸2:

いつも通り、ご来場されても売り込み一切なしです。

モデルハウスなので、もし名前を書くのが嫌なら、

書かないでください。

(因みに、7月8、9日を過ぎるとご予約のみの見学になります)

 

体感して頂いて、もっと詳しく話を聞きたいと感じたら、

一言だけ、お声をかけてください。

 

「話を聞きたい・・」

 

 

 

それではまた。

 

 

 


家造りも結婚と同じ?


こんにちは。小林です。

TVやスマホで大雨洪水警報が出る中、東京へ。

でも、大したことが無くてホッとしています。

DSC_3477

さて、

結婚するとき、

「二人のうちのどちらかに決めます!」と、

言う人は、いないと思います。

 

もしいたら、

その人、、、信用されません。

 

また、

もっといい人がいるんでは・・などと、

より完璧を求め、いつまでも

最高のパートナーを見つけようと思ったら、

一生かかっても見つからないかもしれません。

 

妥協も大切?

 

「まぁ、いいか!」位で決めた方が、

いいのかも知れません(笑)

 

家造りは人生の大イベントとは言え、同じだと思います。

 

ご縁だと思ったほうが、気楽でいいかも。

 

そんなご縁があるかるかもしれない、

モデルハウスオープン見学会が開催されます!

 

7月8・9日、古くて新しい和の家、「雨楽な家」

モデルハウスが長岡市に初登場です!

宜しければ一度・・・。

 

雨楽な家のモデルハウス来場メリットを

改めて明日公開します。

それでは。


市内最後の「靴の修理屋さん」


靴を、三足修理に出しました。

以前もお願いしたことのある、

長岡市にある靴屋さんです。

 

社長は現在88歳。

17歳の時から始めて、71年間靴の修理一筋、

長岡市で最後の靴修理職人さんだそうです。

 

靴を見た瞬間に、修理方法と費用を提案してくれます。

やっぱり本物の職人さんっていいですね!

何か、胸にジーン、と来ます。

安心してお願いできる、素敵な靴屋さんです。

ずっとずっと、お元気でいて下さい。

 

一足買える位の金額になりますが、

履きやすくて、愛着のある靴なので、

少々費用がかかっても直したいと思います。

 

さて、

 

さすがに、この靴屋さんには負けますが、

7月に長岡市にオープンするモデルハウス「雨楽な家」も

そんな職人さん達が作った家です。

 

職人の作る「木と塗り壁の家」、

子育て世代の人にピッタリな家です。

宜しければ一度・・・。

 

追伸:

明日から5日間、北海道に行ってきます。

「大人の休日倶楽部パス・5日間乗り放題」

50歳過ぎた方におすすめです。

 

 

 

 

 

 

 


長岡市初登場!「雨楽な家」


小林です。いつもありがとうございます。

 

7月8日、9日・長岡市稲穂南一丁目(パークタウン稲穂)に、

新・百年住宅、古くて新しい和の暮らし「雨(う)楽(らく)な家」、

モデルハウスがオープンいたします!

 

「ニッポンの家はどこに建っていますか?」

 

日本中の街に、国籍不明の家が並んでいます。

これが日本の家だよ、と人に誇れる家はどこにあるのでしょうか?

工業化か手仕事か?人の住む家くらいは職人の手仕事でしたい。

誰もが願うところだと思います。

 

とは言え、そんな家は高すぎて普通の人には、手が届かない・・・?

 

ご存知ですか?

今、和の家が子育て世代に選ばれている理由を・・

 

若い人に手の届く価格で、本物の家を建てるのが「雨楽な家」の理念。

一番住んで欲しいと思う方は、「子育て世代のご家族」です。

 

いくら職人の手仕事の家でも、健康に暮らせる家だとしても、

コストが上がりすぎて、「見せるだけの家」では意味がありません。

 

木組みや質の高い自然素材、そして性能にこだわった上での、

無駄な装飾を削ぎ落とした「引き算の美学」。

 

「小さく作って広く住む」。

 

心地よい統一感のある、シンプルデザインは美しいだけでなく、

省コストにも貢献しています。

 

家づくりをお考えの若い方へ、私たちからのご提案です。

 

時が経つにつれて心地よく古美(ふるび)てゆく、本物の素材。

「和風住宅」と言うと、寒い、暗い、カビや湿気がひどい。

無駄な部屋が多く、使いにくい・・

 

そんなイメージをお持ちだと思います。

 

「古民家」を想像して見てください。

 

夏涼しく、冬暖かい茅葺きの屋根。土間があり、囲炉裏があり、

田の字のシンプルなプラン。

冬は、家族が囲炉裏の周りに集まり、夏は心地よい風が通る家。

それが私たちにとっての本当の和の家です。

 

古民家と、現代の技術を組み合わせ、

木組みや柱などの構造を表す「真壁」作りにしながら、

夏涼しく、冬暖かく、強くて長持ちする家を目指しました。

DSC_2933

DSC_2934

DSC_2936

最高等級の暖かい家を目指し、ZEH基準を楽々クリア、

地震にも強い「オリジナル高耐震・高断熱パネル」で床・壁・屋根を施工。

 

上質な意匠を大切にしながらも、古い価値観にとらわれないこと。

それが「雨楽な家」。住まいの新しいスタンダードです。

 

健康で暮せる家は空気が澄んでます。

 

家中無垢の床と、そして壁も天井も全部「木と塗り壁」で仕上げました。

DSC_3276
※今回のウォールアーティストは女性です。

 

どの季節でも素足で気持ちよく暮らせます。

家中快適なので、「小さく作っても広く暮らせる家」が作れます。

 

そんな家づくりを一度体感して頂ければ嬉しいです。

 

※7月8日、9日はグランドオープンになります。

その後は全てご予約での見学になります。

ゆっくりと見学してみたい方は、7月10日以降

ご予約でお申し付けください。

お会いできるのを楽しみにしております。

 

追伸:健康素材物語:

 

創業昭和36年、木と自然素材を知り尽くした木材店お勧め!

2つの自然素材をご紹介いたします。

 

一つ目は、

与那国島化石サンゴ主材の塗り壁:「輝(きらら)」

(15年以上愛されてきた、ケルザイム主剤の健康塗り壁から、

輸入事情により、今回から、純国産にリニューアルしました)

images

mianmi05

一生触れる物だから・・。作り手の顔がわかり、

安全性や、効果の検証された素材を使いたいですよね。

 

製造者はいつも通り、静岡の夢ファクトリー(柴田憲代表)。

静岡大学名誉教授・吉田先生の指導のもと、主材も製造も全て国内産へ。

純日本製の安全・安心な塗り壁材を開発。

 

主材「与那国島産化石サンゴ」。カルシウムを含め、

70余種類ものミネラルが含まれています。

世界でも与那国島産以外では確認されていない希少な化石です

(※地上の化石サンゴなので、海洋汚染の心配は一切ありません)。

 

そんな貴重な化石サンゴを主材料にした塗り壁材をたっぷりと使用します。

 

2つ目は、

FFC免疫加工フロア使用。

335km離れた千葉市で加工された「FFC免疫加工フロア」を

すべての家で使用します。

工場では、84時間かけて釜の中で浸透加工します。

 

※免疫加工効果が実証される加工時間は、

福岡大学によるとクロスで60時間、金属で84時間です。

無垢フロアですが、金属と同じく84時間、釜の中で浸透させます。

 

なぜ、そこまでしてFFC加工するのか?

床材は住宅の中で一番人が触れる部分。

僅かな手間とコストで、素足が気持ちいい家、そして

赤ちゃんが安心してハイハイできる床材で暮らせるからです。

 

※効果など、もっと詳しく知りたい方は、

パンフレットや本を無料でプレゼント致します。

 

この素材を体感したら・・・、もう自然素材選びで悩む必要はありません(笑)

子育て世代のご家族にピッタリ、終の住まいをお探しのご風にもちょうど良い家・・

参考になれば嬉しいです。いつも通り、売り込みなしです。

 

 

追伸3

最後に、プロが認める「除菌・抗菌・消臭」スプレーを

ご紹介いたします。

 

☆環境に負荷を与えない、

☆生態系を壊さない、

☆微生物と人間の棲み分けを行う、

☆理想的な「防カビ・抗菌・防藻剤」

 

比べてください、この違い・・。

 

その1:消臭効果

人が不快と感じる主な臭いに優れた消臭効果。

そして、その効果が長時間持続します。

 

その2:防菌・防カビ

一般の建物から最も多く検出される57種類の菌を含む、

401種以上の菌に対応。噴霧後、その効果が長時間持続

 

その3:安全性

多くの安全性確認を「日本食品分析センター」など、

第三者機関で実施

 

その4:無香料

香料で、嫌なにおいをごまかすことなく、消臭します。

 

なんか、通販番組みたいになってきましたが(笑)、

かなりの優れモノです。

 

こんなかたへ。

 

・押し入れや、物置、自動車内のカビや嫌な臭い

・トイレの臭い

・夏場に群れるサンダルや靴の中へ

・部屋干し、ペットの臭い(ペットに安全)

等々、

見学会で商品をご案内いたします。

 

・嫌なにおいや、カビで困っている。

・安全性には特にこだわっている。

・直ぐに何とかしたい・・

と言う方は、ご遠慮なくご連絡くださいね。

 

それではまた。


隣に郵便局が出来ます!


隣に郵便局が移転してきます。

 

DSC_3228
向かって右が当社事務所です。

 

田舎町なんで、なんだかうれしいです(笑)

 

「お宅の会社、どこにあるの?」

よく言われます。

 

今度はこう答えることができます。

 

「国道116号から国道352号、長岡方面に向かい、

400mの所に郵便局があります。その隣です・・・」