「健康塗り壁」って、やっぱり凄い!


 

こんにちは。山六木材の小林です。

改めて、「健康塗り壁」の高い効果と

作り手の想いの深さを実感した研修でした。

DSC_1686

DSC_1730

先週2日間にわたり、

弊社スタッフと左官さん、塗装屋さん、

健康塗り壁専任スタッフの総勢8名で、

静岡「夢ファクトリー」まで研修に行ってきました。

DSC_1726

DSC_1712

日本で一番の優れた壁!と自負してますが、

割れや、剥離の問題等、施工に対しては少なからず、問題が発生します。

 

天然の素材を扱うと必ず出てくる、

永遠のテーマともいえる問題です。

 

とはいえ、

ユーザー様にとって少しでも気になることをほっておくと、

結局いくら良い素材でも、いつか支持されなくなります。

 

その為、販売会社の静岡の夢ファクトリー柴田社長を訪ね、

2日間にわたりディスカッションと、現地研修を行いました。

 

もうすでに何度も研修させて頂いています。

それだけ、この素材に対しての想いは強いのです。

 

気密が高い家ほど、省エネ、暖かい家ができる、

気密の低い家は問題だと、あおる会社があります。

 

そうかもしれません。

 

ただし、

 

換気不足や建材やビニールクロスによると思われる健康被害など、

空気の汚れによる思われる問題がいろいろと発生しています。

 

原因は、はっきりとわかりません。

 

2003年7月から24時間の換気設備の設置が義務付けられ、

常時0.5回/hの換気確保するように義務付けられました。

また、建材へのクロルピリホス使用禁止、ホルムアルデヒトなどの

放散等級による、内装仕上げの制限なども義務付けられました。

 

ただ、それだけでは解決していないのは事実だと思います。

化学物質に敏感な方にとっては本当に大きな問題です。

 

2010年、参議院会館宿舎のシックハウス被害などは

笑うに笑えない問題です。

 

日本は地震大国です。

 

耐震性能はしっかりと考えるのはもちろん重要です。

また、省エネや、雪国ならではの

寒さや暑さに対しての性能アップも重要です。

 

ただし、それだけではなく、

 

「超」高気密住宅が当たり前になった時代、

「健康に暮らせる室内環境」について、

もう一度深く考える時代が来たのかもしれません。

 

結局汚れた空気の中で一番長く過ごすのは、

奥さまやお子様、そしてお年寄りです。

 

いろいろな商品はありますが、塗り壁はその環境を

簡単に改善できる素材の一つだと思います。

特にこの健康塗り壁は優れモノ(笑)だと思います

 

湿気やカビを抑えて、おいしい空気の中で暮らせます。

健康塗り壁はマイナスイオン効果も実証されてます。

その為、家にいながら、水辺や森林の中にいるようで、癒されます・・・

 

もちろん、これだけで全てが解決できるわけではありませんが、

限りなく、化学物質の少ないものを使い、

それでも発生したものは、分解してくれる・・・

そんな素材を使うことがすぐにできる対策だと思います。

 

できる限り安全なものを使ってほしい。

本当に効果のあるものを知ってもらいたい。

無理なく手の届く価格で多くの人に使ってほしい。

15年以上、大学機関と一緒に地道に研究や検証を

繰り返してきた実績と自信があります。

 

また、柴田社長自身がシックハウスを患った経験から

行きついた商品だと聞いてます。

 

ぜひ一度、体感してください。

その良さを分かっていただけると思います。

 

よろしければ一度・・・