その資金計画で、大丈夫ですか?


money_bag_yen

 

最近、やたらと資金計画やFPを提案する

会社が増えてきました。

 

もちろん、当社もほぼすべての方にご提案しています。

今時、資金計画を銀行に丸投げしているような

住宅会社は、ほとんどないとは思います。

 

とは言え・・・

正直に言うと・・・

 

契約の手段なのか、どうかはともかく、

工務店の社長が必死になって資金計画やFPの

提案をするのを見ると、ちょっと複雑な気がします。

工務店は「良い家を安く」作るのが本来の仕事です。

 

お金はもちろん大切ですが、

それよりもっと自社の家づくりを明確に、

比較判断しやすいようにすること。

分かりやすくお客様に伝える努力をすること。

 

本来はそこが一番最初のような気がします。

 

買える金額や、払える金額で家を買うのは正しいと思います。

 

でも、家そのものが、お客様に合わなかったり、

出来上がったらイメージと違う、

住んでみたら、なんか寒い、空気が悪い・・・

これでは、本末転倒ですよね。

 

ましてや、20代、30代そこそこの

 

家を建てたこともない、

結婚したこともない、

お金のつらい経験もほとんどない、

 

そんな人から、

 

「家は人生で最も大きな買い物です」

とか、

 

「人生の生活設計を立ててみてから家づくりを・・」

とか、

 

「自己資金はいくら出せますか?」

とか、

 

「住宅ローンの組み方が間違ってます」

とか・・・

 

私なら、

(56歳ですけど・・・)

本当のことを言うと、

 

「お前なんかに言いたくないよ!」

 

って思います。

 

すみません‥言いすぎました?

 

でも、そう思っている人、結構大勢いると思います。

せめて、資金計画を提案する営業マンは、

その気持ちをきちんと理解してくださいね。

 

私、最近思うんですが、

資金計画の前に一番重要なのは、

 

最初に、

「私達の家はこれです!」

「あなたに合いますか?」

って、提案すること。

そこで、

「欲しい家がない・・・」

「あなたの会社は私たちには合わない。」

と言うことなら、ここでお別れ!

 

もし、気に入った家があるなら、

「買えるのかどうか?」

ここでお金のお話に移った方が、

お互いにストレスない家づくりがで

きるような気がします。

 

そんな家造りをご提案します。

 

宜しければ一度。