一日で、9000人来場!「世界えだまめ早食い選手権」参加しました!


委員会の方とご縁があり、

「第二回、世界えだまめ早食い選手権」に参加させて頂きました。

 

と言っても、僕たちは企業ブースへの出店としての参加。

DSC_0070

7月16日、アオーレで開催されたのですが、昨年の3500人をはるか

に上回る、一日で、9000人を超える来場があったとのことでした。

アオーレ史上、最高の来場者数だったそうです。

参加した当社スタッフの話によると、私達のブースも、10時から

終了までの午後5時半までの間、参加者の行列が

延々と続いていたとの事でした。

正直、終了後はもうフラフラ状態。

でもかなり楽しんでもらったようなので、イベントは大成功です。

 

DSC_3521

一体何をやっているのかというと、お子様たちにお家の模型を作っ

て楽しんでもらうイベントを、年3~4回くらい行っています。

 

この模型つくりは、色んな絵やカラフルなテープを張った

り・・・、小さなお子様でも30分くらいで完成できるので、

すごく人気があります。

 

では、なんでこんなイベントを開催しているかというと、

これがご縁で、家造りをお手伝いできればと考えています。

今はデジタルの時代、SNS等、インターネット主体の広告の方が

とても効果があるのは知っています。

実際当社でも実践しています。

でも、地元の会社はやっぱり、アナログを大切にしたい(デジタル

が苦手もありますが・・)。

実際に顔を見て話す、対面活動が重要だと思います。

家は生涯で一番高い買い物。

 

デザインや性能、価格はもちろん大切ですが、誰に頼むか?は、

その中でも一番重要です。

結局は家造り成功のポイントは、人と会社。「信頼」から

始まるものだと思っています。

 

資金計画やデザインはとても気に入っていても、

家で失敗したら、元も子もありません。

実は、住宅会社を選ぶことが、

家造りの中でも一番難しい決断です。

それを少しでも楽に、簡単に選んで頂きやすいように、

「自社を見える化」することが重要だと思っています。

大手住宅メーカーや、大手ローコストビルダーは、

ブランド性や価格が明確なので、わかりやすい。

 

問題は僕たちのような地元の小さな会社。

・ブランドや、安さ優先ではなく、中身や質を重視したい。

・小さくても、無名でもいいので、そんな会社に頼みたい・・

と、考えているお客様が、増えてきています。

 

せっかくそう言って頂けるなら、家造り初めての方でも、

ストレスなく、すぐに選択しやすいように、

「得意なこと、不得意なこと、どんな会社なのか?」を

ユーザー側に、もっともっと、わかりやすく

お伝えするべきだと思います。

 

例えば、

・性能や、デザイン、自然素材が得意なのか?

・職人の技術やアフターや点検が自慢なのか?

・どんな商品があるのか?

・それは「全部でいくらかかるのか?」。

・それとも資金計画や土地探しまでもワンストップに

できるノウハウがあるのか・・・。

限りなく自社をオープンにすることが、顧客サービスの向上に

なり、工務店業界の活性化につながっていくと思います。

 

そんな訳で、今後とも、このようなイベントに参加していき、

自社をどんどんアピールしていきたいと思います。

 

どこかで、20畳程度のスペースで、

やたらお家などのPOPが出ていて、

ちょっと行列が出来ている、

変なイベントを開催している住宅会社があったら、

多分、僕達です。

その時は、無視しないでちょっとだけ寄り道していきませんか?

 

 

 

追伸:

「山六木材の事が少し気になっている。」

そんな風に思って頂いている、とてもお優しいあなた様へ。

 

当社をよりわかりやすく、見える化する

代表:小林誠主催の「ワークショップ」を開催中!!

 

所詮、地元の工務店はトップが全てと思います。

その為、当社代表の私を一度試してみてください。

気に入らなかったら、

その場ですっぱりと切り捨ててください(笑)。

住宅会社選びの候補が一つ減り、

あなたの家造りの時間が短縮されます。

もちろん、この中で聞いた知識は、次の候補を選択、

決断する時に、大いに役立つことは間違いありません。

時間は約1時間。宜しければ、ご参加してみませんか?

 

「ねぇパパ。一度、聞いて見ない」

「面倒くさいけど・・まぁ行ってみるか・・」

 

そんな会話が成立したご夫婦の方。

 

また、旦那さんや奥様には内緒なんだけど、

一人でも聞いて見たいという方・・。

 

メール、電話にてご連絡ください。

内緒で参加された方、秘密は厳守します(笑)

もちろん、売り込み一切なしです。

 


希望の土地が見つかりません・・。


 

「希望の土地が見つかりません・・・ もう1年は探しています・・・。

皆さんは直ぐに見つかりましたか?」

 

このような土地の相談はインターネットを探せば沢山出てきます。

 

業者の立場からお話しさせて頂きますと・・

土地見付けられない症候群=土地探し難民に、陥りかけています。

 

そうなのです。 ほとんどの方が色んな条件と理想が邪魔をして、

チャンスは何度もあるけど、結局は見つからなく成る・・

というより、決断できないのです。

 

例えば、1年間という期間で、良い土地が出ないというのは、

そもそもそんな条件に合う土地はないのかもしれません。

価格、条件など何かを妥協しなければ決められないかも知れません。

 

大手の調査会社によると、

平均の土地選び期間は1年4か月だそうです。

 

えっ!と思う方もいらっしゃるとは思いますが、

土地選びって、それだけ難しくて、ストレスのかかるものなのです。

 

土地選びは確かに重要なこととは言え、

どうしてこんなにかかるのでしょうか?

 

・土地選びの基準(購入基準)と建築スケジュールを明確にしていない

・購入準備が出来てない(漠然と探している)→良い物件が出ても躊躇してしまう。

・多くの物件を見ていないので、他に、もっと良い物が出るのではと思ってしまう

土地選びに時間がかかる原因はこんな理由があると思います。

確かに、その気持ちはわかります。

生涯便利で、快適に暮らしたい。

大きな買い物だから、絶対に失敗は出来ない・・。

当然ですよね。

 

でも、ストレスなく、すぐに土地を決定できる方もいます。

 

正しい選択基準と探し方を知っていれば、1か月で土地

を選ぶことが可能だとしたらどうでしょう?

 

その方法の一つががこの土地選び4か条を実践することです。

 

1、土地を探す前に、条件をしっかり決める

満点の土地はない→60~70点を目指し、残りは住宅でカバーする

 

2、出来るだけ多くの物件を見て、比較すること

相場を知り、比較判断基準を持つ。

 

3、その土地に理想の家が建てられるのか?

サポートしてくれる人と一緒に探す

 

4、良いと思った土地は、他の人も好いと思う

→迷わず購入できる準備が出来ている

 

※特に2番は重要です。

「もっと良い土地があるのでは・・・」、「相場的に高いのでは・・損するのでは」

そんな不安な気持ちにならないために、より多くの物件を見て、比較判断することは重要です。

 

さぁ、これでOK・・・と言いたいところでが、

「そんなに簡単にいけば苦労しないよ・・」

そうおっしゃる気持ちは重々わかります。

ほとんどの方がそうだということもわかります。

 

・でも、探し疲れて、最後は結局業者に煽られて契約する。

・妥協してしまい、なんとなく不満の残る楽しくない家造りになる。

・最悪、家造りをあきらめてしまう・・・

そうならない為にも、

是非、この土地選び4か条を実践してください。

 

宜しければいつでもサポート致します。


この小説・・おすすめ!


お盆の休み中に、

久しぶりに小説を読んでみました!

DSC_0041

文庫本って字が小さいので、読むのに結構苦労します(笑)

でも、こんなに集中して本を読んだ事は久しぶり。

活字のなかで、わくわく、どきどき

させる力って、やっぱり凄いですよね。

 

さすがに一流の作家さんですね。

この本、おすすめです。

 

たまには小説や映画で脳を

リフレッシュすることが必要です。