BSN テレビ「情熱にいがた」に出演します!


IMG_7251

 

 

 

ありがとうございます。小林です。

山六木材が

BSNテレビ「情熱にいがた」で放映されます!

放送は10月28日(土)10:18~10:30.

ラジオ放送は7:15~7:30です。

お見逃しの方も、インターネットで検索すると

放送内容がいつでもご覧になれます。

ご興味のある方は、ご覧くださいね。

因みに、「情熱大陸」ではありません(笑)。

 

IMG_7253

インタビューして頂いたのは

坂部友宏アナウンサー。

取材後も色々とお話しさせて

頂きました。色んな経歴をお持ちの方で、

とても気さくで話しやすい方でした。

ホント、お世話になりました。

 

さて、この番組、どんな内容かと言うと、

(ご興味のある人だけで聞いてくださいね)

県内の経営者に毎週一人づつインタビューを行い、

経営理念や、人、モノ、環境造りにどう取り組んでいるのか?

 

商品や技術開発、社会貢献の紹介や、ここに至るまでの道のり、

未来に向けての展望などを語ってもらい、

12分間、企業を紹介する番組です。

 

2013年10月にスタートし、

170人以上の経営者が出演しているそうです。

 

そんな番組に、人口4500人程度の

田舎の会社の社長が何を語っていいのか・・。

 

やっぱりTV・・

ちょっとカッコつけて話そうと思ったら(笑)、

だんだんドツボにはまり、

何を伝えていいのかパニクリました!

 

とは言え、

取材を通して、改めて自分自身が家造りを始めたきっかけや、

今やっていることの原点を見つめ直すことができました。

 

こんな内容です。

 

・自然素材の家や、家造りを始めたきっかけ

・創業や成り立ち

・当社の強み

・事業を進める中でのターニングポイント

・社長が頑張れるための原動力

・地域経済への関与

・若者へのメッセージ(57歳になりました)

・ラジオでは思い出の曲がかります

甲斐バンド「HERO」(昔から好きなんです!)

 

私の家造りの熱い想いを語りました。

宜しければご覧くださいね。

 

ところで、つくづく思います。

 

こんな機会が頂けたのも、お客様や地域の方、

スタッフや協力業者様のおかげ。

 

「感謝」ですね。

 

追伸:

長岡ケーブルTVのエヌ・シィ・ティで、

CMを先月から放映しています。

私と家造りサポーターの田辺が

出演しています。

ケーブルTVをご覧になっている方は、

併せてそちらも気にかけてくれると

嬉しいです。

 

 


いまこそ、平屋。新しい「平屋暮らし」のすすめ。


DSC_1979

DSC_2957

家に資産価値は殆どない、と言います。

ただし、例外があります。

それは「ひ・ら・や」住宅・・です。

 

今、平屋を望む声が増えています。

実際にご夫婦の終の棲家として、

また子育て世代のご家族から、

ご依頼が年々増えて来ています。

 

そもそも、今、何故「平屋」なのでしょうか?

理由は、

「2階がいらないから!」

ウソみたいですけど、みなさん、そうおっしゃいます。

 

平屋を希望される方には共通した特徴があります。

 

☆便利さの追及より、田舎暮らし、アウトドアが好き。

☆小さな家で良い、二階なんか要らない。

☆家族とのコミュニケーションを大切にしたい

☆子どもが巣立ったら、夫婦で新しい暮らしを楽しみたい。

☆プランや収納のこだわりより、シンプルな生活とデザインが好き。

 

と、こんな感じでしょうか?

 

でも、平屋に憧れるけど、決断出来ない人も多くいます。

 

理由は、

「体感したことがない。」

「収納や間取りなど、実際に暮らしてみたら満足できないのでは・・・」。

一生に一度の家づくり、失敗したくない。

やっぱり無難に2階建てで良いよ・・。

そう考えるのは当然だと思います。

 

でも、平屋はメリット・デメリットが明確です。

それを知ってしまえば、不安は解消します。

プラン次第では、光や風通し、プライバシーの確保がしづらい。

土地も広くいる。二階建てに比べ、割高感がある。

とは言え、

それにもまして多くのメリットがあるのも事実。

つくり方や素材によって問題は、

現在の家づくりの不安や問題点をほとんど解決できます。

 

そのコツがあります。

簡単なことですが、意外と知っている人はいません。

 

平屋で失敗しないために、

平屋暮らしと言う「選択と決断」をサポートするために、

2018年4月、見附市で「平屋モデルハウス」を

オープン致します。

 

実物を体感して、平屋の本当の良さを知ってほしい。

そして、平屋の作り方と、新しい暮らし方を

あなたの選択肢の一つに加えてほしいと思います。