温度差のない家を作る方法!


 

今回は、

「温度差のない家を作る方法」

考えてみたいと思います。

 

家造りについて考えるとき、

「室内の温度差」はとても重要なポイントです。

家の中の温度差が大きいと、「リビングでは暑いけど、

寝室では寒い」というふうに、

同じ家の中なのに、快適さが違うことになります。

 

また、単に過ごしやすさの問題だけでなく、

健康へ影響もあります。

 

大きな温度差は、疲労やヒートショック現象を

引き起こす原因に

なってしまうからです。

 

「温度差は5℃以内の家」。

 

ある洋服屋さんの話では、温度差5度以上が、

洋服を一枚、着たり脱いだりする目安にするそうです。

 

と言うことは、室内で温度差が5度違う家にいると、

部屋ごとに服を着たり脱いだりの家だと言うことです。

 

面倒くさいですよね。

 

今回は、

 

「室内温度差をなくして健康に過ごしたい」

という方のために、「温度差の少ない家」を建てるために

どのようなことに気をつけたらいいのか、お話します。

 

温度差を減らすためのカギは「断熱と気密化」。

 

「温度差の少ない家」を実現するためには、

徹底した建物の断熱化と気密化を行わなくてはなりません。

それを数値で表せるようにしなければいけません。

 

「当社は、高気密・高断熱の家です」

「ZEH対応の住宅です」

 

ではなく、一体どれくらいの温度差にして良いのか、

その為にはどの位の性能と数値が出せればいいのか?

 

知っておくことが大切だと思います。

 

ただし、

「温度差をゼロの家」は存在しません。

 

「温度差のない家」とはいっても、

「家中の温度を1℃の違いもなくする」ことは

事実上不可能です。

 

たとえば、日光が当たる部屋と、そうでない部屋では、

当然、温度を同じに保つことはできません。

 

また、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

そのため、2階建ての家では2階の温度は高く、

1階の温度は低くなってしまいます。

 

こうした温度差は、軽減させることはできても

完全に防ぐことはできません。

 

「温度差のない家を実現する」=

「室内の温度差を一定以内に抑える」

ことが大切になります。

 

目安としては、

 

「外気温と室温との差は7℃以内」、

「部屋ごとの温度差は5℃以内」。

 

それ位のその程度であれば、健康に大きな被害を

及ぼすことは少なく、温度差が原因で生じる病気を

予防することが可能です。

 

もちろん、もっと温度差を小さくすることは可能です。

「断熱と気密」のために多くのコストを費やせばいいだけです。

 

完全に温度差をゼロにすることは無理でも、

部屋ごとの温度差を1℃程度まで抑えることは

不可能ではありません。

 

ただし、そこまでコストを費やす必要が

あるのかどうかは慎重に考えてください。

 

「温度差のない家」をつくるそもそもの目的は、

家族の健康を守ることです。

さらに言えば、省エネ・エコハウスを作り、

身体にも家計にも優しいマイホームを造る事です。

 

室内温度差が5℃以内位なら、ほぼ

その目的を達成することはできます。

 

あとは、冷暖房などで温度を調節すれば、

室内で快適に暮らすことは難しくないでしょう。

 

コストパフォーマンス、将来の事まで考えて、

家の性能を考えていきましょう。

 

因みに、家中の温度差が1~2℃くらいの家を作るなら、

UA値0.27、C値0.5未満レベルの家なら可能だと思います。

 

40坪程度までの家なら、8畳用エアコン一台で

家中まかなえると思います。

 

断熱や気密について、理解している工務店なら、

この性能の家を造る事は難しくないと思います。

 

もちろん、先ほどお話ししたように、

陽当たりなども考慮した家造りにする

必要があります。

 

日本は四季のある国。

 

家の性能を上げる事も重要ですが、

先人の知恵を上手に今の時代に生かすことも重要です。

 

光や風、植栽を上手に取り入れ、

間取りを工夫して暮らす・・、

 

基本はここにあるかもしれませんよね。