温度差のない家を作る方法!


 

今回は、

「温度差のない家を作る方法」

考えてみたいと思います。

 

家造りについて考えるとき、

「室内の温度差」はとても重要なポイントです。

家の中の温度差が大きいと、「リビングでは暑いけど、

寝室では寒い」というふうに、

同じ家の中なのに、快適さが違うことになります。

 

また、単に過ごしやすさの問題だけでなく、

健康へ影響もあります。

 

大きな温度差は、疲労やヒートショック現象を

引き起こす原因に

なってしまうからです。

 

「温度差は5℃以内の家」。

 

ある洋服屋さんの話では、温度差5度以上が、

洋服を一枚、着たり脱いだりする目安にするそうです。

 

と言うことは、室内で温度差が5度違う家にいると、

部屋ごとに服を着たり脱いだりの家だと言うことです。

 

面倒くさいですよね。

 

今回は、

 

「室内温度差をなくして健康に過ごしたい」

という方のために、「温度差の少ない家」を建てるために

どのようなことに気をつけたらいいのか、お話します。

 

温度差を減らすためのカギは「断熱と気密化」。

 

「温度差の少ない家」を実現するためには、

徹底した建物の断熱化と気密化を行わなくてはなりません。

それを数値で表せるようにしなければいけません。

 

「当社は、高気密・高断熱の家です」

「ZEH対応の住宅です」

 

ではなく、一体どれくらいの温度差にして良いのか、

その為にはどの位の性能と数値が出せればいいのか?

 

知っておくことが大切だと思います。

 

ただし、

「温度差をゼロの家」は存在しません。

 

「温度差のない家」とはいっても、

「家中の温度を1℃の違いもなくする」ことは

事実上不可能です。

 

たとえば、日光が当たる部屋と、そうでない部屋では、

当然、温度を同じに保つことはできません。

 

また、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

そのため、2階建ての家では2階の温度は高く、

1階の温度は低くなってしまいます。

 

こうした温度差は、軽減させることはできても

完全に防ぐことはできません。

 

「温度差のない家を実現する」=

「室内の温度差を一定以内に抑える」

ことが大切になります。

 

目安としては、

 

「外気温と室温との差は7℃以内」、

「部屋ごとの温度差は5℃以内」。

 

それ位のその程度であれば、健康に大きな被害を

及ぼすことは少なく、温度差が原因で生じる病気を

予防することが可能です。

 

もちろん、もっと温度差を小さくすることは可能です。

「断熱と気密」のために多くのコストを費やせばいいだけです。

 

完全に温度差をゼロにすることは無理でも、

部屋ごとの温度差を1℃程度まで抑えることは

不可能ではありません。

 

ただし、そこまでコストを費やす必要が

あるのかどうかは慎重に考えてください。

 

「温度差のない家」をつくるそもそもの目的は、

家族の健康を守ることです。

さらに言えば、省エネ・エコハウスを作り、

身体にも家計にも優しいマイホームを造る事です。

 

室内温度差が5℃以内位なら、ほぼ

その目的を達成することはできます。

 

あとは、冷暖房などで温度を調節すれば、

室内で快適に暮らすことは難しくないでしょう。

 

コストパフォーマンス、将来の事まで考えて、

家の性能を考えていきましょう。

 

因みに、家中の温度差が1~2℃くらいの家を作るなら、

UA値0.27、C値0.5未満レベルの家なら可能だと思います。

 

40坪程度までの家なら、8畳用エアコン一台で

家中まかなえると思います。

 

断熱や気密について、理解している工務店なら、

この性能の家を造る事は難しくないと思います。

 

もちろん、先ほどお話ししたように、

陽当たりなども考慮した家造りにする

必要があります。

 

日本は四季のある国。

 

家の性能を上げる事も重要ですが、

先人の知恵を上手に今の時代に生かすことも重要です。

 

光や風、植栽を上手に取り入れ、

間取りを工夫して暮らす・・、

 

基本はここにあるかもしれませんよね。

 

 

 


ブルーベリー狩り!


 

毎年行ってる農園でブルーベリー狩り。

 

平日なんでこの広さで私達一組だけ。

貸し切り状態の食べ放題。

 

「農園1つ食べきってやる・・」

と言う意気込みも、暑さと広さで

あっという間に撃沈。

 

長野の高原なので普段は涼しいのですが、

今年はさすがに暑い。

 

そんな中で、10種類以上あるブルーベリーは

いつものようにそれぞれ個性豊かな味わいで

実をつけてました。

 

15年以上たっている農園。

毎年丁寧に手入れをしている。

 

苗を植えてからの2年間は実をつけさせない、

ほっておくと6mにもなる木も毎年毎年高さを

抑えるために枝打ちしている。

 

それぞれの種類が単に甘いだけでなく、

酸味が強かったり、実の大きさが全然違ったり・・・

 

でも、それぞれ個性があって味わいがある。

どれもこの時期に最高の状態になるように

丁寧に、辛抱強く育てていくとのこと。

 

ホント、

 

会社と同じですよね。

 

この農園のような辛抱強い会社・・

ブルーベリーの実のような個性豊かなスタッフ・・

 

目指したいと思います。

 

 


協力業者会「くらぶ楽暮(らくら)」納涼会!


DSC_0374

 

先週土曜日に協力業者様と年一回の納涼会を開催!

 

当社スタッフも20代が21名中、7名が若い人。

協力業者会「楽暮」も30~40代が中心の

若くてバリバリ働くメンバーが多い。

 

また、9名(自社大工2名)の大工棟梁も

30、40代が6名。

 

職人不足が言われている中で、本当にありがたいし、

頼もしいが、そうは言っても、この問題は深刻

 

この業界だけではないけど、

若い人がもっとワクワク、誇りをもって働けるように

全てを改善していく使命が住宅会社にあります。

 

建築は大変なこともたくさんあるけど、

実際は、楽しい。

 

間取りやデザインだけでなく、資金計画や

土地選び・・・、

勉強していくときりが無いくらい

奥深いが、知れば知れ程面白い。

 

その面白さを知って頂き、この業界に一人でも

多くの若い人が参加してくれると嬉しいです。

 

さて、

 

そんな中で恒例の「夏忘れ」・・・飲み会?

DSCPDC_0001_BURST20180728181759965_COVER

 

DSC_0361

たっぷり午後5時から9時まで・・4時間(笑)。

DSC_0356

楽しい時間でした。


「街の元気じるし登場」に取材されました!


 

DSC_0311

 

「商工連ニュースにいがた」9月号に掲載されます!

 

とは言え・・

 

現実はいろんな問題を抱え、毎日ばたばた・・笑

 

それでも、周りから元気な会社と思われているのは

うれしいですね。

 

また、昨年は

 

BSN新潟放送「情熱にいがた」2017/10/28

www.ohbsn.com/tv/programs/jounetsu-niigata/2017/10/020435.php

DSC_0275

にも取材されました。ありがたいことです。

 

そして、なんと・・

 

取材に来た二人の女性のお一人が、

十数年前に当社でリフォームをお世話になった

M様の娘さんでした。

 

名前を告げられるまで分かりませんでした(汗)。

 

色々なご縁に感謝です。

 

 


「世界一受けたい設計教室」


 

DSC_0287

 

7月より当社事務所で、「世界一受けたい設計教室」

第一回研修が始まりました!

 

縁あって、「旅する出張設計人」白岩先生に、

 

当社の設計スキル向上のサポートを

お願いすることになりました。

 

 

白岩さんは設計士育成の研修だけではなく、

建築家でもあり、商品開発のプロでもあります。

 

家造りの想いや方向性など、私達と全く同じ考え方です。

初めてお会いした時も、同志のような気がして・・・(笑)

 

今後は、研修だけでなく、若手メンバーの

バックボーンとして、そして、

山六オリジナルブランドの設計デザイン開発の

力強いサポーターとしてお世話になります。

 

DSC_0285

 

まずは、ただ設計スキルだけでなく、

会社としてお客様に伝えたいこと、世界観などを

一言でお話しできるようにスタッフでディスカッション。

 

「頭に汗をかいて」取り組むことは正直大変ですが、

意外と楽しそうに取り組んでいます。

 

DSC_0288

 

家造りは設計やデザイン、外溝、配置計画、

敷地を読む力、設計技術、法規や申請スキル・・・

様々な能力が求められます。

 

でも、その根幹は、

 

お客様に満足していただく暮らしをつくること。

そして、地域に貢献し、喜んで頂ける財産をつくること。

 

とっても奥が深いんですよね・・・

 

だからこそ、ワクワクするのかもしれませんよね!

 


家造りへの想いを少しだけ、語らせてください!


前回に続き、

僕の家造りへの想いと、

山六の成り立ちを、

少しだけ語らせてください。

しつこいかもしれませんが(笑)、

山六で家造りを進めていいのかどうか・・・

判断材料にして頂ければと思います。

「家造りの想い」と、「山六の成り立ち」はこちらから↓

333

111

222

 


西日本豪雨災害,心よりお見舞い申し上げます。


このたびの西日本豪雨災害で被害に遭われた

方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

もう1週間がたちました。たいへんなご事態に、

ご苦労も多いこととは存じますが、皆様の安全と

被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

広島にはお世話になっている設計事務所様と

愛媛には公私とも懇意にさせて頂いている

工務店があります。

 

先日、連絡したところ、皆さん大丈夫と言うことで

少しホッとしましたが、交通網が遮断されたり、

被災地も広範囲で、まだまだ先の見えない大変な

状況になっているとのことでした。

 

新潟県も、平成16年7・13水害、平成23年の五十嵐川

の氾濫で堤防決壊など、豪雨で大きな被害を

出しています。

 

確かに「地球からの警告」かもしれません。

建築は地球環境に大きく関係しています。

 

僅かな力かもしれませんが、超省エネ住宅、

省コスト、そして地産地消の家造りで、

少しでも次の世代につなぐ、環境やエコに

貢献する家を作り、ストックしていく必要性

を今回改めて感じました。

 


山六木材を少しだけ紹介させてください!


かっこいい社名は要らない、中身で勝負。

もっとワクワクする家を創りたい!

 

久しぶりのブログなんで、

改めて会社紹介からさせてください・・・

社

山六木材は、人口4,500名弱の出雲崎町を拠点に、

中越・県央・新潟市エリアに、子育て世代に無理なく買える

自然素材の家をご提案しています。

社1

色んな暮らし方が体感できる5つのモデルハウスや、

完成見学会、家造り勉強会やWEBからのご来場をご縁に、

家造りをサポートさせて頂いています。

 

今流行のデザイン住宅は苦手です。

地域に溶け込むような外観、

そして内部は自然素材にこだわり、

家族がほっとする空間、

優しい雰囲気で暮らせる家を心がけています。

 

「ナチュラルな暮らし

 

そんな家造りが大好きです。

 

街並みや自然と緩やかにつながる家造りを

大切にしたいと思います。

社名通りの家造りだと考えてく下さいね。

 

もっとワクワクして暮らせる家が作りたい!

 

お客様だけでなく、私たちも常にワクワクしながら

家造りをお手伝いしたい。

 

家を建てる前のわくわく、

建て始めてからのわくわく・・

もうじき完成のわくわく・・

 

そして、

暮らしてからのわくわく。

 

家が楽しい、家に早く帰りたくなる、

そんな暮らし方が出来たら、家造りは成功だと思っています。

 

その為にも、家だけでなく、

お客様に寄り添いながらサポートしていくのが、

地元の住宅会社の役目だと思っています。

 

現在、受注は順調です

(自分で言うのもどうかと思いますが・・)

 

でも、売り上げ倍増などの急成長は望んでいません。

(一度は目指したこともありますけど・・)

 

なぜなら、自社の能力を超す件数を受注してしまうと、

細かい点まで目が行き届かなくなってしまうから。

 

いくら契約しても、その後の工事やアフターサービスの質が

伴わなければ、お客様に満足してもらうことはできません。

 

家造りは掛け算。

社3

どこか1つでも内容が伴わなければ、すぐにユーザーから

見はなされてしまいます。その為にも細かいところまで目が届く、

変化に強い「身の丈の経営」を目指し、新築の上限も決めています。

 

とは言え、成長の止まった会社はどんどん下降していくだけ。

その分、新築に頼らない地域密着型事業で、

堅実な成長を目指しています。

 

その1つが、

「価値ゼロ円」と言われる築40~50年程度の家を

リノベーションする、「70年代不動産事業」です。

 

古さを生かして新築にはない味わいと、新しい価値を創造する

リフォームとは違った、今一番新しい暮らし方の提案です。

 

新築、リノベーション、そして不動産という3つの事業で、

ユーザーの家造りをワンストップでサポート致します。

 

また新たな事業として、知的障害者自立支援の

「グループホーム」事業にチャレンジしています。

 

いろいろな分野にすぐにチャレンジ出来ることが

中小企業の魅力かもしれません。

 

全ては地域と共に…。

 

全ては住宅につながる、地域再生につながる事業を大切にします。

 

造るだけでなく、家造りを一生サポートし、

そして、万が一要らなくなったら再度市場へ、

もう、誰も使わなくなった家をもう一度蘇らせる、

 

そんな地域・お客様・企業がWin-Winのストック循環型の、

今一番新しい住まい事業を目指しています。

 

元公務員。若いころは家業を継ぎたくなかった。

 

1961(昭和36)年に先代が始めた原木販売が山六木材の原点。

地名の「山谷(やまや)」と屋号の「六兵衛」の頭文字を社名に。

その後は製材や、材木販売から建築も手掛けるようになりました。

社5

 

私で2代目。当時は建築には興味もなく、家業を継ぐ気は全く、

これっぽっちもありませんでした。

 

安定した、楽な仕事に就きたい・・(笑)

マジでそう考えていました。

 

そのためお決まりの公務員という道を選びました。

でも商売人の子には公務員は似合いませんでした。

5年間勤め、のこのこと帰郷。

 

結局、父の跡を継ぎ、建築の勉強を始めました。

 

こんな気持ちで家を継いだ建築素人の私を、

大工さんや職人さん、地域のみなさんが

常に温かく見守ってくれ、サポートしてくれました。

 

今ここに自分があるのもそのおかげと、心から思います。

 

だから、

「職人さんを大切に、地域に恩返しを」と

いう気持ちは常に忘れません。

 

この町に本社を残しているのは、そのしるしです。

 

時代の流れ・・

 

わずか20年の間・・

職人さんや地元の住宅会社はどんどん姿を消していきました。

 

私達にもその危機は訪れました。

大手住宅会社やローコストビルダーなどの進出。

競争も激しくなり、町内だけでの家造りでは

当然経営は成り立たなくなりました。

 

それまで町内の仕事が中心から、2005年に

「子育て世代の健康住宅」を旗印に他の町外へ進出。

(その為、現在活躍してくれている

スタッフの殆どは町外から来ています。)

 

どうにか事業が成長していくにつれて、実は

社名をもっとお洒落な名前に変更を考えたこともあります。

本社を何度も長岡市に移そうとも考えました。

 

でも私たちがつくるのは、職人さんが作る

木と塗り壁の自然素材の家。

地元を中心にした家造り提案。

地域の中に寄り添うようにあってこその私達。

 

「市内のピカピカの、キレキレの事務所は

やっぱり似合わないなぁ・・」

そこで、

元製材所をリノベーションして事務所へ。

内装も雰囲気も木と塗り壁の家。

 

そんな中でスタッフ達は「ほっこり」と働いています。

社4

遠くから来社されるお客様にはいつも

ご迷惑をおかけいたします。

 

ごめんなさい!

 

名前のかっこよさや、どんな場所に会社があるかより、

やっぱり地元を大切にした家造りが僕達に

一番似合っているのかもしれません。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次回は家造りの想い、会社の成り立ちを少しだけお話しさせてください。

気力のある方は(笑)・・どうぞ、次回もお読みください。

 

画:安澤愛莉

 


アトリエ建築家と造る家・・始めました!


小林です。いつもありがとうございます。

突然ですが、めちゃくちゃ忙しくなってきました。

 

月のうち3分の一位は県外に行っています。

(6月位まで続きそうです・・・)

 

たまに帰るとスタッフに、

「久しぶりですね、社長」と言われます(笑)

 

3月よりいくつかのプロジェクトが一気に動き出したためです。

 

今回、そのうちの2つを紹介させて頂きます。

あなた様に参考になる家造りが見つかるかもしれません。

 

一つ目が「アトリエ建築家と造る家」です。

 

やっぱり・・・

デザインは良いにこしたことはありませんよね?

 

工務店は良い素材で仕上げたり、作るのは得意ですが、

カッコいい家を提案することは正直苦手なんですよね。

 

全てが数値で表せ、他社との比較判断も容易になっています。

 

単にカッコよさや、オリジナル性、人目を惹くことを

追求したデザイン住宅とは違います。

 

「自分の作品を作るような建築家」はいません。

ご安心ください!

 

あくまでお客様の暮らしに寄り添ったデザインの提案です。

 

更に、これからの高齢化や省エネ時代にも十分対応できる

性能を持った住宅を、「予算内で作る」家造りです。

 

私達と建築家が、お互いの得意な分野で

お客様をサポート致します。

 

2つ目は、資産価値がないゼロ円住宅と言われる、

築40年以上の家を、断熱性も含め、

リノベーションする技術「70代不動産」を始めました。

 

「古さを生かして」

「新築にない味わいを生かして」

「新しい価値を創造する」

 

新しい時代の家造りです。

 

中古住宅で十分・・。でも良い物件がないと困っている方、

家以外にもやりたいことがある・・予算は少なめでマイホームが欲しい、

DIYを楽しみながら、個性的な家で暮らしたい・・。

 

中古住宅でも、自分に合った個性的な家を

つくることが簡単になりました。

 

と言うか、中古住宅だからこそ出来る新しい暮らし方です。

 

物件探しにも悩むことはありません。

築年数もそれほど気にしません。

 

昭和56年6月の新耐震基準適合・・・?

そんなこと気にしなくても大丈夫です。

 

もちろん、購入してはいけない中古住宅も

あると思いますが、ご安心ください。

僕たちが全面的にアドバイス、サポート致します。

 

特に「70年代不動産」リノベーションは始めたばかりですが、

お客様よりとても高い評価を得ています。

 

6月にはモデルハウスもオープン致します。

 

この二つを知ることにより、家造りの新しい選択肢が

増えると思います。

 

もし、この中にあなたの気になる家造りがありましたら

お声をかけてくださいね。

 

追伸:

DSC_0760

4月にオープンした見附市ウェルネスタウンの平屋住宅モデル、

かなりの人気です。これからの家造りは将来を考えると、

1階の間取りが大きくなる傾向があります。

 

だからこそ、どこで建てるかはともかく、

平屋を体感されたい方がいらっしゃるのだと思います。

 

今後の家造りには必ず参考になると思います。

 

宜しければ一度。