お金の基礎を今一度・・・。


こんにちは!

今日4月1日は「エイプリルフール,万愚節」です!!

罪のない嘘をついて良いとされる日。日本では「四月馬鹿」とも

呼ばれるそうですよ!

その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭り

を開催していましたがこれに反発した人が4月1日を「嘘の新年」

として、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まり

とされています!

また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていまし

たが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んで

からかったことによるとする説もあります。。

 

 

さて新しい気持ちで、スタートするこの時期なので今回は

「お金の基礎知識」についてお話いたします(*’▽’)

「そんなん知ってるよ」とか「わかるよ」とか

思う方もいらっしゃるかと思いますが、お家づくりをする上ではすごく

大事なことなので、お話します!

 

まずは基本! 「変動金利」と「固定金利」の違いについてです!

市場金利に応じて変わるのが変動金利住宅ローンの種類を大きく2つに

分類すると、変動金利・固定金利に分けられます。

 

【変動金利について】

変動金利は、そのまんまですが金利が変動する住宅ローンのことを言い

ます。金利の変動は、契約内容に応じて3ヶ月や6ヶ月といった周期で

その時点での市場金利に応じて見直されます。

金利は固定金利よりも低くなるので、利息の負担は軽くはなりますが、

住宅ローン返済中に金利が上昇すると、それにつれて変動金利も上昇

するので、将来に向かって金利変動リスクを抱えることになります。

【固定金利】

変動金利とは反対に、金利が固定されて変動しないタイプの住宅ローン

のことを言います。

例えばCMでもやってますね、フラット35などが固定金利の代表格です。

金利を固定する期間については、契約内容によって異なりますが固定と

する期間が長ければ長い程、金利も高くはなります。

変動金利に比べ、金利については高くなります。その分金利変動リスク

がないので、将来設計がしやすくなります。

住宅ローンを借りる際には、変動金利か固定金利かを自分で選択する

ことになります。

ただなかななどういったものがいいのかはわかりづらいので、是非

ご相談ください。

簡単なお話かもしれませんが、意外と知らない方もいらっしゃいます。
もちろん僕も住宅の仕事をしていなかったらわからないと思います。
こういう簡単なことを知っていく必要があると思いますので、
お伝えしていきます!!