綺麗な空気の中で・・・(*’▽’)


こんにちは!

今日4月6日は「新聞をヨム日」です!!

日本新聞協会販売委員会が2003年に制定しました(^◇^)

四(よ)六(む)で「読む」の語呂合せです。

4月は転勤や入学等が多いことから、「これを機会に新聞を読み始め

ませんか」というキャンペーンが行われるそうです!

最近はネットですぐに検索できる時代になっていますが、僕も朝

時間がある時はなるべく読む様にしています!

そこで気になる情報などあったらそれについて調べてみなさんに

お伝えしているようにしています!

 

さて、皆さんが普段体内に取り込んでいるもので一番多い物は何だと

思いますか?

・食べ物

・飲み物

他に一番取り込んでいるもの・・・それは・・・「空気」です!

そんな中、みなさんは「シックハウス症候群」はご存知でしょうか?

シックハウス症候群とは、建材などから発散される化学物質が原因で、

室内に入った途端に体調を崩す症状をいいます。化学物質過敏症という

症状とも似ていますが、外に出れば治まるため異なるものと考えられ

ています。

【シックハウス症候群とは?】

シックハウス症候群とは、新築もしくはリフォーム後の建物に入った

途端、室内にいるだけで頭痛や吐き気、目がチカチカする、咳が出る、

だるくなるといった体調不良の症状が出ることをいいます。

これは実際に起きています。

問題が明るみに出てきたのは1970年代で省エネルギー対策が打ち出され、

住宅の高気密・高断熱化が進んできた頃です。

シックハウス症候群の原因は、内装材や塗料、接着剤などの建材から

発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン等)といった

化学物質と考えられています。

近年になって住宅建材の工業化が進み化学物質が多く使われるようにな

ったこと、住宅の気密化が進んだこと、エアコンの使用が増え窓を閉め

切ったままで換気が不足がちであることなどが影響を与えています。

今では24時間換気と言って機械的な換気システムもありますが、本来は

それを使わなくても空気が汚れず快適に過ごせるお家があったわけなので

そういったところもお家づくりの際には意識していただけたらと思います。

ずっと住み続けるわけなので。。