超効率インテリア②


こんにちは!

今日6月15日は「暑中見舞いの日」です!

1950(昭和25)年のこの日、郵政省が初めて「暑中見舞用郵便葉書」

を発売したそうですよ。

今年はまだ暑い日もあれば寒い日もあるかなといった感じですよね。

これから暑くなってくると思うので、対策をとらないとですね。

 

さて、昨日の続きで、超効率インテリアのポイントについて今回

お話したいと思います。

ポイントは家族の将来を見越した選択です!

家族構成はずっと一定ではなく、変化していきますよね?子供が

生まれれば増えますが、やがて独立すればいなくなります。それに

伴って、今まで住んでいた住まいが「広すぎる」と感じるように

なってきます。

「使わない部屋ができる」

「掃除が大変」といったデメリットもあります。一時的な必要空間

の拡大については将来を見越して「超効率インテリア」で対応する

のは無駄のない有効な選択と思います。

空間を効率的に利用できれば、一般的に「最低限必要」とされる面積

を下回っていても、ある程度快適に暮らすことは可能です。

「狭くて暮らしにくい」と感じている家族は、住まいにかけられる

予算や将来を見据えて、「超効率インテリア」を検討してみるのも

いいかと思うので、工夫して生活していきましょう(*’▽’)。