う○ちは臭いけど汚くない!


こんにちは!

題名からすいません(笑)今日の内容はある本を読んでいて

皆さんにお伝えしたくてそういう題名にしました。

 

 

みなさんは

「う○ち」って汚い物だと思っていますか?

それとも

汚くないものだと思いますか?

 

今日まで、「う○ち」はなんか汚いイメージが意識の中で

ありました。

 

ただこの本を読んだ時に僕たちが生きている世界は

物などが人工的に作られたりしてしまい、本来あるべき

姿ではなくなってきているのだと感じました!

 

 

 

1960年代まで日本人の生活の中で、糞尿はトイレの下の槽に

溜めていました。

満タンになると農家の方がくみ取り「う○ち」達を溜めて作物の

肥料に使っていました。

知恵を持っている方が「うんち」や「おしっ○」を畑の肥料に

すると作物が良く育つということでみんな溜めていたそうです。

 

ただ一方で「う○ち」や「おしっ○」の活用は非衛生という

偉い先生が言ってからは「化学肥料」と「農薬」に変わって

いきました。

 

もともと「有機物」の上記2つですが、土に混ぜると微生物が

効率よく分解してくれて、「無機質」になります。

植物は無機質の物を栄養として育ちます。

 

つまり自然のものは自然の状態にしておくことで本来の

力を発揮するのに、昨今はいろんなものが人工的に作られて

います。

僕たちも自然素材のお家づくりをしていますが、中には

お手入れやデザインの関係で人工的なものを使ったりも

します。

 

ただ、一番大事な「床」「壁」「柱」「梁」などは自然なものを

使うのが大切だと感じました。

 

それはお子さんが成長していくうえで、健康で元気に育つ環境

を造っていかないといけないからですね!

 

勉強になりました(*’▽’)

 


なぜそう決まったのでしょう。。


こんにちは!

今日7月14日は「ペリー上陸記念日」です。

1853年のこの日、アメリカの4隻の黒船艦隊が江戸湾の浦賀沖に現れ、

ペリーさんが久里浜に上陸してきました。

黒船をみた江戸の街は大混乱となったそうです。

 

翌年来航したペリーとの間で「日米和親条約」が結ばれ、日本の

鎖国(政府が自国と他国との交通・貿易などを禁止すること)が

終わりました。日本にとっては大きな一歩だったんですねこの

日は。

 

先日、設計の藤田さんと新潟市秋葉区の役所に行ったときの

話です。

建物の中に入ろうとしたときに藤田さんがある物を発見!

それを見た僕は愕然・・・。

 

何ですか?これは(笑)

何のキャラクターですか?これは(笑)

何でよりにもよって「ゆうた」なんですか?(笑)

 

もうちょっといい名前はなかったんですかね(笑)

そのキャラクタに―因んだ名前を付けた方がいいですね!

人の名前だと憶えづらいですね(*’▽’)

 

ていうだけです(笑)

 

帰りはお昼の時間も遅くなりましたが、藤田さんとの

議論の結果「カツ」を食べようということで三条市に

あるとんかつ屋さんに行きました!

 

おいしかったですよ(*’▽’)