リフォーム・リノベーション。最新の流行はすっからかん?


こんにちは!

今日7月26日は「幽霊の日」です。

1825年のこの日、江戸の中村座で『東海道四谷怪談』が初演された

そうです。

東海道四谷怪談は、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の

復讐話で、江戸の町に実際に起こった事件をモデルにしているそうです。

 

僕もホラーなどは好きですが、急な音とかには「びくっ!」として

しまいます(笑)

 

さて、最近は「リフォーム」や「リノベーション」といった感じで

ある物をうまく活用していこうという流れが出てきています。

例えばこの本に載っている写真。この写真はマンションの

リノベーション写真なのですが、

先日出張の際にお話を聞いてきた際に、最近では生活していく

イメージをつけながらも、最初から仕切りを造って部屋を

作るよりは、最初のうちはほとんど部屋の仕切りを付けづに

家具などを配置したり、自分の好きな棚を買ったりして設置する。

 

なにが言いたいかというと、最初のうちに暮らし方を決めて

しまうとはっきり言って、後の生活が楽しくなくなってしまう

傾向にあるそうです。

 

ですので、自分たちがどのように生活していくはイメージして

行きながらも、アレンジできるような状態にしていくことが

良いことになると思います(*’▽’)

ですので皆さんもよろしかったらそういう考えを持っていた

だくといいかもしれません。

 

費用面も抑えられます(*’▽’)