薪ストーブに火が


寒い・・
会社に出社する為に
外に出た時に
雨がふっていた

10月にもなると
朝もかなり冷え込んできて

朝の8時だというのに
もう冬っぽい空気が漂っていた

ただ
家の中だとそこまで感じなかったので

半そでの襟付きのシャツ
を着て出たのだが

寒い
けどもどって長袖を探しつつ・・
着るまでの時間は無い

車も寒い
会社に着いて車から降りても寒い

しまったな

朝見たTV(ZIP)に
サンダルを履いている女性が
いるとかなんかいっていたようだが

新潟でそれしたら
確実に風をひくLv

一気に寒くなった感じがするなと
思っていたところ

・・・ついに
薪ストーブに
火が!
img_20161012_121425

今年最初の薪ストーブに火がついた時の
ちょっと焦げ臭い匂いも
薪ストーブの季節がきたと実感

あと、山六木材では薪も準備をしてます
img_20161012_121617

薪というか
廃材を裁断してつかっているので
(薪としてのクオリティは保証できないが・・)
品質はそこそこなのだが
有効に利用させてもらっている


エアコンと「じゃぱねっと」ってすごいですね


img_20160921_155203

・・・そもそも
今住んでいる賃貸住宅には
5年ほど前位から住んでいるのだけれども

住んだときには
冷房はなく、扇風機だけで生活していた
ほかは何もない状態・・・
それでも生活はできていた
その5年間は
冷房なしだったので

毎年、自宅ででる言葉は・・・

「あつい」

「あつい」

そして
「あつい」

まあ、あつい
私の住んでいるところは2階で
西日がおもいっきり
あたるところ

しかもコンクリートは
熱を吸収し夕方から
放熱をはじめている状態

そこへ
帰ってきても
涼しいわけがない

窓はペア硝子なのだが
少し古いため
断熱性能はなく
直接太陽光を浴び
室内に温度をお届けしている状態だった

コンクリートって
こんなに暑いんだ・・・・

西日のパワー!
西日と窓は相性がわるいね

img_20160921_155317

カーテンはするが
熱はシャットダウンできるわけでもなく

夏場は毎日のように
暖かい熱をたたみコーナーに
降り注いでいた
「あつい」

ある夏の日

恐ろしいほどの猛暑になったときのこと

朝方になっても
涼しくならず・・・
体調を崩した時!!

 

私「クーラー買おう!」

img_20160921_155203

妻「まあ、買うよね」

 

そんな会話をしたのを覚えている

正直、ないと死ぬLv

扇風機も熱風をお届けする感じだった
その時にちょうど

というか
毎日、通販番組の「じゃぱねっと」が
流れていたのを思い出した。
私「通販で流れていたからそれで買うかあ!」

すぐにCMを確認し電話
すると・・・
あっというまに
取り付けの手配まで
「おー、早い!」
そのときはピーク時だったので
2週間後に設置できますよと回答があった
依頼した時は
本当にくるのか
不思議になるくらい
あっさりしていたのだが
2週間後の10:00頃だったか
設置業者がきて

1名できていた
室内の設置を始めた

完了まで2時間くらいで
終ったのを覚えている

1名で2時間で
6万円(詳しくは覚えていない・・・^^;)
正直
(お~、すごい)
と、心の中で思いながら

「終りました!」
と、業者さん

「今回設置は追加で掛かった作業がありませんでした」
私はふと疑問がわいたので
「何が追加で発生するのですか?」
と聞くと
室外機に設置する場合足場が悪いところだと

場合によっては設置費用がかかったりするそう

他にもパターンがあるようだが

 

今回のお宅はオプション工事なしと

じゃぱねっとの価格で設置ができました。

設置いただいた業者さん

ありがとうございました^^

 


研修帰りに味噌カツ幕の内を購入しました。


img_20160909_125922

味噌カツと言えば
名古屋の名物ですね。

昨日、研修の帰りに
駅弁を購入しました。
名古屋のホーム
駅弁売り場の前で
悩むこと1分

3種類の味噌カツがあったからだ

1.松浦のみそかつ

2.味噌カツ丼

3.味噌カツ幕の内

どれも気になるが、、、
迷った後に定員に
言った言葉は

「味噌カツ幕の内ください!」

定員「売り切れです」

えぇ~Σ(Д゚;/)/
(売り切れならさきに書いておいて・・)

とは言えないので
心のなかで

「じゃあ、松浦の味噌カツで」

丼はないなとおもったからだ

「あれ・・」

このとき
ふと気になった
最初に幕の内の味噌カツを
何で頼んだんだろう

私は正直
幕の内が好きといわれると・・そこまでは

なんなら
コンビニにいっても
買わない派だ

それなのに
この時【幕の内】と
入った味噌カツを買ったのか
味噌カツはいいとして、、、
名物だから

問題は
3つ選択肢があった中で
何故、幕の内の味噌カツを選んだのか

まずは【丼】

最初に撰んだ時点で
丼は消えていた

なぜなら
胃もたれしそうだから
問題は【幕の内】
買う選択肢になかった言葉
【味噌カツ】

【幕の内】
【味噌カツ】 【幕の内】
【味噌カツ幕の内】
「あっ」
味噌カツの濃さが
やわらいだ?

そう
この時
私はあまり濃いものは
食べたいとおもってなかったのだ
まわりの環境やその時の体調で

いつも買うような
おなじ商品だとしても

違うものを選んでしまうことが

あるんだ
【場の雰囲気や環境が個人の考えを変えた】
ことになる
もし何時ものコンビニで
味噌カツ弁当を
見たとしたら

おそらく
味噌カツ幕の内は選ばず

他の2つを選んだかもしれない
逆に言えば
環境や場の雰囲気しだいで
売れる商品を作り出すことも可能で

重要な要素になってくるのかもしれない


28年夏稲刈りにいきました。


先週の日曜日のこと

 

雲もない晴天の中

山と自然いっぱいの地域にいってきました。

IMG_20160828_142524

写真を見てピンときたら

農家になれるかもしれないです。

・・・

・・

 

私の実家が農家なので手伝いに

「9:00から始めるから」ということで

9時前に実家にいくが何故かだれもいません。

 

「あれ・・」

不思議に思い当たりを散策すると

遠くの田んぼから母の姿が・・

遠い・・

 

母「こっちこっちー!」

私「9時からじゃなかったの?」

聞くと

露がおもったよりなかったから8時前からはじめたそう

(朝が早すぎると「露」が稲にあって刈れないのです)

 

私「それはやくいって」

母「忘れてた」

おーい・・^^;

 

現地につくと稲刈りはもう始まっていて

トラックの荷台にすでに米がはいっていた

IMG_20160828_141747

仕事の内容はトラックを使い

ライスセンター(農協)へ米を運ぶことらしい

 

▼弟は、朝の8:00から稲刈り機を操作していた

実家をついで専業農家をしている

IMG_20160828_142654

 

今日刈る米は「飼料用米」
搬入先は西山町にあるライスセンタに搬入するそうだ

 

 

私は軽トラで搬入する作業をするのだが

「稲刈り機」が米をトラックの袋に一杯になるまで暇なので

日陰に入って、ブログ用にスマホのメモ帳にかく作業を・・・

日陰>ブログ>搬入>日陰>ブログ>搬入の
繰り返し^^

そんな、役でも
搬入作業が以外と手間がかかるらしい

休まずかりつづけるには
搬入作業が面倒になっているようだ

 

ひと段落したとこで農機具の話題になった

私「機械をレンタルしたほうが早いんじゃない?」

私「2台でやれば早いのに」

弟「そこまでの大量生産になってないからね」
弟「それに、今農機具がたかい」

私「そうなんだ」

新規参入しているとこがあって
中古もたかくなっていて気軽に買えなくなっているそうだ

弟「トラックもたかいから」
弟「今ある軽トラでなんとかしのいでいる状態」

弟「農業じたいは生産管理されてるけど」
弟「農機具は市場に左右されてねえ」

弟「作るのはなんとかなるけど農機具を維持するのが、、、」

私「結構きついねえ」

弟「今は農機具がなければ仕事にならないから」

 

つい作ることに注意が行くが今ある現実や状況をみること

保守、運用、維持費の管理にも注意しないといけないこと

作ることにばかりに気をとられないようにしたい

 

 

弟「まあ今のところはこれでなんとかいけるから」

私「ブログとかしないの?」

弟「とつぜん?!」

私「説明すると長くなるから割愛するけどやってみない?」

弟「割愛するな」

弟「まあ、今はいいかな」

私「そうか。きになったら電話して」

弟「気が向いたら」

私、弟「じゃあ。おつかれっした」

 


タイヤ交換:私は何かを失いました。


2年位前になります。

私は会社の通勤には
軽自動車で

中古を購入する前で
車はかなりボロボロで、、、
他の人が見たらちょっと
引くくらいの外観だったような

そんな車で会社へ出社

けっこうボロボロだったのですが
あまり車に興味がなく全然気にせずのっていました。

車は中古で買って
タイヤも備え付けの物を変えずに

ボンネットもかろうじて
ウォッシャー液を入れるときにあけるくらい

そんな私が
なぜか
タイヤ交換だけは
自分でやっていた

車には興味がないのに

なぜか
理由は1つ「タイヤ交換に費用がかかる」

そんな理由で
タイヤ交換は自分の力でやっていました。

ただ
私は車に興味がない

タイヤ交換の際に

タイヤをとめる「ビス」ありますよね?

実は
あれってサイズに違いがあったり
規格で微妙に合わないのがあるそうです

ただ
私は車に興味がない
から
きがつかない

車の中には
タイヤを止める為の「ビス」があります
この車には合うはず

そして
新潟なので冬になれば
タイヤをスタッドレスにかえないといけない

春にはタイヤを
スタッドレスから普通タイヤに戻さないといけない

ちょうど2年ほど前
春になり
会社に出社する時でした

国道を60kmで走行中に

タイヤ
はずれました

「え~!」

突然、左前方に「タイヤ」がみえて
その次には右前方にも「タイヤ」が・・

タイヤはかなりの勢いで前方にころがり
そして停止

最終的に前面のタイヤがとれて・・・
この時
タイヤは車の左前をゲキソウしているのが
スローモーションのように
見えたのを今でも覚えている

タイヤが1つ取れ
その衝撃でもう1つが取れた時
車は胴体着陸・・して停止

なんとか路肩に移動できて
事故だけはふせげた

レッカー移動→そのまま修理へ

そして掛かった費用は「20万円」

高い!まじか・・・

内訳は
・胴体着陸してしまった時の傷の修理
・タイヤの「ビス」があってないのに無理やりこじ開けてダメになった車輪

自分でやれば
たしかにタダでした

でも知識がないから
結局20万はらうはめに

運が悪ければ
事故にもあうこともあった

今回はたまたま車がいなかった
からよかったが

最悪、事故になっていた可能性も

★知識の無い人間が
タダという理由だけで
リスクを無視して
実行するとこうなりますよ

っていう
分かりやすい例ができた

はじめから
近くの車の工場へお願いしていれば・・

今は、、お願いしています。

タイヤ交換:3,000円

良い教訓になった
事件でした


スマホで見る方へ


今日は三島郡出雲崎町

山六木材の事務所で作業。

 

昼食もそこそこにパソコンを起動

そこへ

一通のメールが届きました。

 

メールの内容は「スマホデザイン案の件」

 

ついに、

スマホページのデザインがきました。

 

デザインは↓

index_sp

 

落ち着いた雰囲気で

 

内容はまだ全部公開でないですが

 

PCのホームページに合うようなデザインで

そして、スマホ対応ページは今月中に

UPする予定!

 

今、スマホで

山六木材のページを見ると・・

 

ホームページは表示される

が、しかし。。。

文字・・ちいさい!

 

これは・・

ガラケーでは気が付けなかったのですが

はじめてスマホで山六のページをみました。

文字小さいです。

 

あぁ、これはだめだ・・

ですが!

今月中くらいには

スマホページがバージョンアップします!

 

完全なバージョンアップにはなりませんが

見やすいページを提供できるための

土台はできます。

 

私のスマホでも見やすいページが

出来る予定です・・・^^;

 

しかも!

もうガラケーではないので

 

文字の小さいページを確認できる!

スマホをつかって分かりやすいページの提案ができる!

 

今週のイベントにはまにあわなかったのですが

↓次回のイベントには間に合うように!

http://yamaroku-moku.jp/news/event/20160903event

 

 

突然の変更がないように

祈ります!

「ありませんように・・」

 

追加要件や仕様調整があると

結構致命的になるので注意していきたい。

(ホームページ制作あるある)

 

初回のUPなので

完全に満足のいく内容にならないかもしれませんが

 

ただ、確実にこの一歩が

良いサイトの一歩になるので

 

間違ってもいい

良いサイトになるためにも

この一歩を大切にしていきたい。

 

スマホページがアップされたら感想含めて

ブログ掲載します^^


価格.com VS 地元の量販店


2ヶ月前、友人から
ちょっとした依頼を受けた
「パソコンを買うから見てほしい」

正直、私もそこまでパソコンが得意ではないが

友人からしたら
詳しく見えるらしい

正直、詳しいのはソフトやアプリケーション系で
ハードは苦手なのであまりくわしくはない・・

さすがにCPU、HDD、グラボ・・等
言われてもの意味くらいは知っているので

そこに比べると
まだ詳しいほうなのだろう

さて、パソコンを買いに量販店へ

車をおりて
自動ドアをぬけ
パソコンが並ぶコーナーへ

知合いは事前に価格.comで
金額を見ていたらしく

しきりに
「高いな・・・」
「高いな・・・」

を連呼していた。

「価格.comでかったら?」
と、聞くと
よく分からないものを
価格.comで買えないという

価格.comで見てるのに・・
買うのは現地で買うのはおかしい
価格.comで買うから安いのであって

近くの量販店にいっても
そこまで安いのはない

(ただ、価格.comもしっかりしたところで買わないと
意外と問題点も多いのだが・・)

まあ、
価格.comの価格 = 地元の量販店の価格
にはならないのだ

悩んだ挙句
結局買うのをやめた友人は
「どこかいいところはないか?」と聞いてきた。

私「正直、安さだけでいくなら価格.comでいいとおもう」
私「あとのアフターやサービスも考えるなら、地元の量販店がいいかもしれない」

私「何かあったときに
遠くのお店では
いろいろと不便だし」

※私は壊れたら
自分で改修する自身があったので
どちらでもよかったが・・・

※友人は当然パソコンの知識が無いので
直接店頭で話ができる
量販店のほうがメンテナンスのことも考えると
悪くない判断だと思う

私「少し高くてもここで買うのが・・あとあと良いのかも」

友人「でも、たかいんだよねぇ・・」

おいおい
結局安さにいくなら
きくなよ^^;

と、つっこみつつ

本当に友人は「CPUって何?」
という人なのだ

2時間くらい悩んだが
最終的に量販店に買うことに
8万程度のパソコンを購入した。

購入を終えた友人に聞いてみた
私「最後の決め手ってなに?」

友人「メンテナンスかなぁ」
友人「多少高くなるけど詳しくないから」
友人「あと、近くにお店があるだけで安心するからだね」

私「電話サポートでも充分じゃないか?」
と聞くと

友人「電話だと伝わらないこともあるし」
友人「直接会えないと厳しい時があるんだよね」

たしかに
そうかもしれない

安さだけを追求した時
メンテナンスは疎かになる傾向がある
(実際に昔契約社員でいった会社でもそれがあった)

ローコストでいっている所は
他より価格を優先するために
様々なところをけずっている
人件費や工事費、メンテナンスコスト等だ

パソコンも携帯会社のように店舗でもあれば
メンテナンスにも対応できるだろうが

そこまでのコストを
パソコンにはない

なぜならパソコンは月額の契約でないため
一定の収益を毎月上げられない為
商品としては微妙な部類なっている

なので
そこのリスクを考慮してパソコンに投入すると
価格は高くなるのでいれないのだろう

店舗を出したい
でも
価格は抑えたい

価格を抑えると
アフターやメンテの対応が難しくなる

やはり直接対応できる
地元密着の企業が
強い理由はそこにあるのかもしれない

知識がない人にとってはパソコンを買うだけでも悩みが多くなり
考えることが多くなりパソコン購入まで時間も掛かる
または、購入したはいいが失敗も多くしたと思う

素人からすると難しい悩みも
少しでも知識がある人からすると
解決できることが多くある

悩んだら聞いてみるのもいいのかも知れない

友人は今の所クレームもないようで
快適にパソコンを使っているそうです。


ちょっとした疑問ってありますよね


私の自宅のベランダには
「アサガオ」がある

IMG_20160815_133502 (1)

別に私が趣味で育てているわけではない

下の子の夏休みの課題になっているので

夏休みの間だけ
ベランダに置くことになっているよう

実は詳しくはしらない・・^^;

毎朝あげないといけないと言われているので

水をあげていると・・・
ちょっと疑問がわいた

「あれ?」
「朝顔があると旅行に行けないんじゃ?」

実は先週から妻と子が実家の埼玉に行っているので
とうぜん何日か家を外泊することになる

たまたま、用事でいけなかった私がいるからいいが
普通なら家族全員でどこかにもいくかもしれない

と、すると
「近場しかいけないよね?」

長期旅行に行くひとや2,3日どこかに出かける人は
朝顔に縛られてどこにもいけなくなる

適当な人ならば
「まあ、いいか」
といって放っておくかもしれないが

責任感が強いひとならば
「子供の為に枯らしてはいけない!」
と思い。どこにもいけなくなる

現に妻は実家の埼玉にいって
朝顔の水を私にお願いしている

たまたま
私が実家に行かなかったのでよかったが

行くのであれば
朝顔は水ももらえずに枯れてしまうだろう

そう思と、学校側は
おかしな提案をしているのではないか?

疑問が膨らんでしまった・・
気になって仕方がない

途中でしていた家事もそこそこに
思わず
実家にいる妻に電話をした

私「もしもし、ちょっといいかな?」
私「朝顔って毎日水をあげないとだめだよね?」

変なことを突然聞く私

妻「まあそうだね」

適当に回答する妻

私「じゃあどこかに出かける人だと」
私「朝顔があるとそれがあるせいで」
私「どこにもいけないことにならない?」

妻「まあそうだね」

適当に答えた跡に妻は更に

妻「でも、学校の課題は2日間のみ観察でいいんだよ」

私「・・・え、そうなんだ」

そう、自分の先入観で
かってに【朝顔は枯れるまでを観察する】
(昔そうだったような)

妄想で勘違いをしていたのだ

昔、自分が朝顔の課題をした記憶だと
枯れるまでしたか・・判断はむずかしいが

たしかに学校側も
そのつっこみはあったのかもしれない
「毎日観察してたら・・どこにもいけないよ」

まあ、そうだよね
その答えが聞けただけで

くだらないことだったかもしれないが
もやもやが一気に解決へ

悩んでいた時には
学校側が日数制限かけているな・・・
ともおもったが

悩んでいるので
その判断にいけなかった

しかし

電話で直接聞いたことで
簡単に解決までいったのだ

ふとした疑問だったが
知ってる人からしたら
なんでもないことが

知らない人にとっては
かなり悩むことも

知ってる人からしたら
当たり前のこと

そんな

当たり前の事すらも
判断できない分からない
ってなる

だとすると

難しいことや経験がないことだと
もっと分からないのかもしれないですよね

もし、知っている人がいるなら
聞くだけもいいのかもしれない

そんな人が近くにいれば
頼もしいことはない

あとで後悔しない
ような選択肢をもつのも重要

まあ、私の場合は
「日頃から学校にもう少し興味もて」

といわれそうですが。。

悩んだら詳しい人
にすぐに聞くのも悪くない


塩焼きそば好きに残念なお知らせがあります。


こんにちは、押見です。

よく、焼きそばを自分で作ってたべるのですが

子供も好きなので一緒につったりしてます。

今日は久しぶりに

「焼きそば」が食べたくなったので

自宅のちかくにスーパーへ・・・

 

焼きそばのネタ(肉野菜)をかいつつ

焼きそばコーナーへ
「あったあった」

まるちゃんの焼きそば135円

やすいですよね・・・
それを1つ手に取ろうとしたときに

塩焼きそばがあるのに気がつきました。
「塩焼きそばもあるのか」
今日は塩焼きそばにしよう。

塩焼きそばを手にとり、買うものも買ったし

さあ家に帰ってつくろう。

IMG_20160813_130542

 

・・・自宅に帰ってきて

アイスを冷凍庫にいれ惣菜も一緒に冷蔵庫へ。
さて、「塩やきそば」を作ろう

 

フライパンにバラ肉をいれていためたあと

もやしとキャベツを投入

軽くいためたあとに、めんを入れて

タレをいれたとき

違和感を感じました。

 

「おかしい・・・カレーの匂いがする・・」

 

まあ、カレーが隠し味の
「塩やきそば」なんだろうなと思い

ちょっときになりましたが

いため続けます。

 

でもなんかおかしいな・・

とはいえ焼きそばはすぐに完成するので

皿にとり惣菜も用意

違和感が・・カレーの匂いがすごいしてるし

 

さて、いただきます。

一口食べた時

確信しました。

 

これは ”カレー味” じゃない?

すぐにビニールの包装を見た時に

ああ。。失敗したことを確信

「やっちまったぁ」

包装にはこうかかれていた

「シーフードカレー味」

 

まじか・・・

そういえば、買う時に

あまりよく見ないで買っていた自分を思いだしました。

 

色だけみて・・・

勝手に「塩やきそば」だと勘違い

 

最近は焼きそばも

いろいろな種類があるのと同時に

シーフードカレーだと

色が塩焼きそばとかぶってくるようです。
慣れているとついつい

単純なミスをしてしまうもの

 

一部の情報だけでそれが全てと思い込み

勝手に自分の物差しで買ってしまった「塩焼きそば」

 

しかし、物を買う時には色以外にも様々な情報があり

それが消費者にとって分かりにくいこともあります。

正しい情報は何なのかその見極めが必要になってくるのかもしれません

 


パッシブハウスってなに?


こんにちは、押見です。

 

今日はホームページの更新作業と

営業系のセミナー動画を視聴しています。

 

8/4(木)にアトリエ・コ・ラボさん協力の2020年対策セミナーに

パッシブハウスの考え方や実際の運用の為の必要なことについて説明を受けました。

 

パッシブって結構曖昧な表現になっているのが現状で

どこまでがパッシブハウスで

どこまでが省エネ住宅で

どこまでが高気密・高断熱住宅

なのか?

 

そもそも、だれかが勝手に定義しているだけで

本当の意味なんてないのかもしれません。

住宅会社が「ここまでがパッシブ」ですよと言えばそこまでがパッシブにもなりえます。

 

 

 

私も、エネルギーパスの資格取得にも、YKK主催のパッシブハウスジャパンの検定を受けにもいきました。

↓費用だけだせば誰でも資格を取りにいけたりもします。

http://www.energy-pass.jp/2015/04/932/

 

まだまだ勉強不足ではっきりといえるものはないのですが

どこまでが

パッシブか?

省エネか?

断熱住宅か?

を定義しなければいけない時代になってきているのかもしれません。

 

 

今後のホームページに掲載する情報や

「山六の家」を考える上での参考にしていきたいと思います。