スタッフブログ

研修帰りに味噌カツ幕の内を購入しました。

2016/09/09

img_20160909_125922

味噌カツと言えば
名古屋の名物ですね。

昨日、研修の帰りに
駅弁を購入しました。
名古屋のホーム
駅弁売り場の前で
悩むこと1分

3種類の味噌カツがあったからだ

1.松浦のみそかつ

2.味噌カツ丼

3.味噌カツ幕の内

どれも気になるが、、、
迷った後に定員に
言った言葉は

「味噌カツ幕の内ください!」

定員「売り切れです」

えぇ~Σ(Д゚;/)/
(売り切れならさきに書いておいて・・)

とは言えないので
心のなかで

「じゃあ、松浦の味噌カツで」

丼はないなとおもったからだ

「あれ・・」

このとき
ふと気になった
最初に幕の内の味噌カツを
何で頼んだんだろう

私は正直
幕の内が好きといわれると・・そこまでは

なんなら
コンビニにいっても
買わない派だ

それなのに
この時【幕の内】と
入った味噌カツを買ったのか
味噌カツはいいとして、、、
名物だから

問題は
3つ選択肢があった中で
何故、幕の内の味噌カツを選んだのか

まずは【丼】

最初に撰んだ時点で
丼は消えていた

なぜなら
胃もたれしそうだから
問題は【幕の内】
買う選択肢になかった言葉
【味噌カツ】

【幕の内】
【味噌カツ】 【幕の内】
【味噌カツ幕の内】
「あっ」
味噌カツの濃さが
やわらいだ?

そう
この時
私はあまり濃いものは
食べたいとおもってなかったのだ
まわりの環境やその時の体調で

いつも買うような
おなじ商品だとしても

違うものを選んでしまうことが

あるんだ
【場の雰囲気や環境が個人の考えを変えた】
ことになる
もし何時ものコンビニで
味噌カツ弁当を
見たとしたら

おそらく
味噌カツ幕の内は選ばず

他の2つを選んだかもしれない
逆に言えば
環境や場の雰囲気しだいで
売れる商品を作り出すことも可能で

重要な要素になってくるのかもしれない


カテゴリー: やまろくスタッフ  
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
山六木材の施工エリア
新潟市西区、長岡市、柏崎市、
三条市、
見附市、
出雲崎町、
燕市エリアで
自然素材の
注文住宅を
つくるなら

山六木材にお任せください!
ホームページからの来店予約で自然素材の家づくりがよくわかる資料をプレゼント!!
  • 山六木材の家づくりの考え方や、ポイントが分かる。
  • 暮らしやスタイルに合わせた豊富なラインナップの規格住宅商品カタログ。
  • 自由設計とFREEQHOMES、BinOの規格住宅で設計されたライフスタイルに合わせた、こだわりの施工事例集。
  • 実際に住宅を建てたお客様の声も公開中。
※資料プレゼントは施工エリアが新潟県内の方に限ります。