スタッフブログ

アラサー男性、毎年蓄えるべきは最低●万円!?

2017/02/28

こんにちは!

今日2月28日は「バカヤローの日」です(笑)!

1953(昭和28)年のこの日、吉田茂首相が衆議院予算委員会の席上、

西村栄一議員の質問に対し興奮して「バカヤロー」と発言したそうです!

これがもとで内閣不信任案が提出・可決され、この年の3月14日に

衆議院が解散してしまったということで、言いたいことも言えず

言ったら辞めさせられる!政治家は大変ですね(笑)

この解散は「バカヤロー解散」と呼ばれているそうですよ!

 

さて、2月もあっという間に終わりました!雪もそろそろ降らなく

なってくれることを願います(*’▽’)雪が苦手なので(笑)

 

さて、僕は今25歳です!

四捨五入すると30歳(笑)まだ5年はありますけどね(*’▽’)

ちょっと前のブログなどにも「貯金」についてのことを

お話させて頂いていますが、結構調べていると出てきます。

話題に出てきているということは、色々な原因があるので

話題になっていると思います!

 

そこで、「30歳から、毎年いくら貯めるべき?」かを

皆様にお知らせしたいと思います(*’▽’)

もし、30歳の男性が65歳までに資金を貯めるとなると、期間は35年。

すでに結婚している人は、世帯として3000万~4000万円。

独身であればとりあえず2400万円を目標にしてみましょう!

退職金があって、確実に老後資金として残せるなら、その分を引いた額が

老後資金の目標額となります。

退職金がないか、住宅ローン返済に充てる可能性が高く、運用を

見込まない場合は、夫婦世帯で年85万~114万円の貯蓄して、独身であれば

年69万円の貯蓄が必要になってきます!

現役世代にとって資産形成は生命線になってきます!資産形成をしている人と

していない人とでは、約17万円ほど違うそうですからね!

これからは、今後は、老後も働き続ける覚悟を持つべき必要も

あるかもしれません。

特に僕が高齢になってきたときにはそうなってもおかしくなさそうなので

準備していきたいと思います!!!

 

 


Writer
山六木材スタッフ staff
カテゴリー: 小林雄太ブログ  
山六木材の施工エリア
新潟市西区、長岡市、柏崎市、
三条市、
見附市、
出雲崎町、
燕市エリアで
自然素材の
注文住宅を
つくるなら

山六木材にお任せください!