家づくりQ&A

どうして塗り壁を使っているんですか?ビニールクロスは使わないんですか?
山六木材は「脱・ビニールクロス宣言!」。ビニールクロスは日本の家の80%以上に使われていますが、海外ではほとんど使用されていません。
最近、「壁紙」と名称を変えてはいますが、実際には殆どがビニール製品です。長い目で見ると、安心して使える素材ではありません。
安価で施工も楽、施工当初は見た目もそこそこですが、時間がたつにつれ、黄ばんで汚れていき、張替も必要になります。
また、接着剤や素材そのものが人体に良くない影響を与えます。
新潟県のような高温多湿なところで使用すると、カビや結露などの原因にもなります。比べて、自然素材は一度塗れば「一生物」です。
時がたつほど、味わいが増してきます。自然素材は高いと思われていますが、そんなことはありません。見えないところも含め、100%使用する必要はありません。
必要な部分だけ施工すればコストも抑えたうえで、十分快適に過ごせます。
データもあり、品質の優れた自然素材を選び、最初にわずかなコストを掛ければ、結果的には生涯、安心・安全に暮らせて、コストが一番かからない優れた建築素材です。
どうしてこんなに商品が豊富なの?
工務店ではNo.1の商品数だと思います。自由設計、規格、平屋、省コスト住宅・・・と、1社で色々な家づくりをワクワク体験することができます。
種類は豊富ですが、断熱性能や自然素材へのこだわりはどの商品も同じです。予算により自然素材を新建材にしたり、断熱性能を落としたりすることはありません。
また価格が明快なので、予算の比較、選択が誰でもその場で簡単にできます。新築だけでなく、「不動産事業」、「空き家・中古再生リノベーション事業」にも力を入れています。
山六木材が建築した家は今すぐ見ることが出来ますか?
県内(柏崎市から新潟市西区まで)に常時4棟のモデルハウスを予定しています。
ただし、維持費などのコストを抑えるために、全て移動型モデルとして、約半年~1年間モデルハウスとした後、売却します。他にもスタッフの家をお借りしています。
「見せる家」ではなく、「等身大の家」を体感・比較でき、実際の暮らしをイメージできるようにしています。
家は生涯で一番高い買い物です。山六木材はあなた様の家づくりにぴったりな会社かどうか、実物を見て、すぐに判断できるようになっています。
プランってすごい時間かかりそうなんですけど・・・
設計セミナーを受講して頂ければ、3回以内でストレスなく基本設計は決まります。
また、当社独自のプラン提案方法を採用。年間500棟以上設計する設計事務所、平屋、デザイン会社など、間取りの流行や基本がその場でわかるプラン集を取り揃えています。
更に、建築家と作るプラン、山六社内コンペ(建築家サポート)で、家づくり初めての方でも、デザイン性も高い、理想の間取りが作れる独自のプラン提案をいたします。
他にも立体的にもわかり易いように、模型や3Dなども作成。家づくりが初めての方でも楽しく、ワクワクするご提案を心がけています。
その為、建ててから「イメージと違った」とか、プランを何度もやり直すようなこともなく、お打ち合わせ時間を大幅に節約できます。
いつからこの仕事をしていますか?
創業1962年。材木店として国産材の伐採、製材、木材販売、建築、不動産業と、地元で木材に関わり、家づくりを続けてきました。
自然素材と職人が作る家にこだわります。協力業社会「クラブ楽暮(らくら)」(現在50社)と共に中越・県央・新潟西区エリアで、暮らしをサポート。
棟梁は8名、左官4名在籍。内3人は自社大工です。社寺、お庫裏(おくり)、公共木造住宅、純和風住宅、高気密高断熱などを手掛けてきた、技術者チームが家づくりをお手伝いいたします。
年間どのくらい建てているの?建築可能な地域はどこまで?
本社は人口5000人に満たない出雲崎町にありますが、中越・県央・新潟市(西区まで)をエリアに、新築30棟、リノベーション事業10棟をベースに家づくりをしています。
エコで体に優しい自然素材と国産・県産材を少しでも多くのお客様に使って頂きたいと思っています。その為、ある程度はご契約を頂きますが、売上やエリアをどんどん拡大する気はありません。
スタッフや職人数に応じて、顔の見える家づくりと、「木と塗り壁の家」の家にこだわり、「身の丈の商売」を心がけています。
耐震性能や断熱性能は?
耐震性、断熱性、エネルギー消費など、性能や燃費の見える家づくりを大切にしています。
断熱・省エネ基準としては、ZEH(ゼロエネルギーハウス)以上、ヒートショック防止など、健康を主体にしたHEAT20G1レベルの高断熱住宅が標準です。
また、燃費や省エネ性能の見える化の為、第三者認証の1つとして運用されている建築物省エネルギー性能表示制度BELS(ベルス)のご提案をいたします。耐震性については「等級2」を標準にしています。
自然素材や断熱性能と同じで、一般の方にはとても買えないような仕様、セールストークとして使うためとしか思えない、必要以上の性能はご提案いたしません。
その為、耐震性については、「等級3」にはこだわりません。ただし、耐震性重視で、構造や開口部を制限されてもかまわない方には、「構造計算と等級3」の家づくりをご提案いたします。
保証やメンテナンスはどうなの?
地盤保証20年、瑕疵保険10年(延長10年OK)など、第三者保証はどこの会社も同じだと思います。
これからの時代に一番重要なのは、メンテナンス履歴です。
3年に一度の住まいの定期点検を実施し、入居後も家の修繕などの情報を蓄積する住宅履歴を全ての家に実施、資産価値向上をサポートします。
中古住宅の検査員、ホームインスペクター有資格者が5人在籍。ホームインスペクション(住宅検査)で中古住宅の資産価値をサポート。万が一の売却など、当社が全てワンストップで対応できます。
工事中の検査はやっているの?
全国でも数少ない、第三者機関による、業界初ISO19011国際規格に沿った、10回の現場施工品質監査を全棟実施!
職人や現場監督の人的裁量に左右されない法的根拠のある施工管理と検査で、業界トップレベルの品質管理サービスを実現しました。
知識や経験不足、現場任せによる施工品質のばらつきやミスを削減します。

山六木材の 施行エリア

【新潟市】 西区、西蒲区、南区、秋葉区

【中越エリア】 長岡市、柏崎市、見附市、三条市、燕市、加茂市、小千谷市、田上町、弥彦村、三島郡出雲崎町、刈羽村